最近の体の調子。

自然治療薬ってどのくらい効くんだろう。

関節の話をしていたら


隣に座ってたおばさんが、「もしかしてリウマチ?」

叔母がリウマチの私はちょっとぎくっ。

ちゃんとお医者に見てもらいなさい。


で、もう一人のおばさん、

「親戚が関節病だからってあなたがそうとは限らないわよ。

病気って内側から来るものよ。気から来るのよ。

セロリの種を試して見なさい。副作用もないし安全だから。」

と力説。


そうねぇ。。。セロリの種って消炎作用があるんだって。

旦那はそういうのって大体効かないんだよなって懐疑的だけど

物は試しだし、やってみてもいいかも。

専門医に行くよりは安いしね。


発作の方は3週間ほど前にマイオクロニック発作があった。

腕がガクッと一瞬震えて、それで治まったのでほっとしたけど、

やっぱりちゃんと薬を忘れずにとる事と睡眠を充分とる事は必須なんだなぁと実感。


やっぱり、発作が無いからって油断して無理するとこういう事がある。体が危険信号を発信してくれるからこそ、大発作を起こさずに済んでいるのかも。

医療制度改革って。。。

相変わらず関節の状態が悪い。


足首とか腰の痛みも酷くなって来た気がする。

お医者さんに行かなきゃ、と思いつつ何となく面倒。


何でもお金が掛かるし、ちゃんとした病院だと診療だけでも2ヶ月待ち当たり前だし。

オーストラリアって公共の病院少なすぎ。

しかも地元のお医者さんのレベルは大概低い。


もう少し近所に公共病院あればいいのになぁ、と思う。

2ヶ月待って、長時間かけて病院まで行って、15分で追い返されるのも面倒だし。


確かに病院は増やすべきだと思う。

予算とか500億ドル(0の数当たってる?)を医療制度に注ぎ込むとか。。。

内訳はどうなるんだろう?


病院のベッドを増やすのは勿論だけど、診療まで行き着くのにかかる時間はどうするのだろう。

早期発見で入院前に治療できる可能性もあるんじゃないのかなぁ?


新情報発見。

ビクトリア州の医療制度に今後4年間、更に15億ドルの助成金がオーストラリア政府から支給されるらしい。


病院の数を増やすとは書いてなかったけど、

助成金の内、2億7千800万ドルはドクターと医療の専門家の養成に、あと看護の人員サポートに使われるんだって。

そのドクターってのがGPで無い事を切に祈る。

アラフォー。

さて、今日はちょっと話題を変えて

世代別の言葉の壁を分析してみましょう。

え?分析ですか?


最近ブログを見てて、「アラフォー」の何とかってブログ紹介文に書いてあったりするでしょ?

ずっと、アラフォーって何なんねん、って思ってたんですね。

英語だとしたら、私のボキャブラリーの中には無かったもんで昨日初めてGoogle検索。


おおおっ!アラフォーって私の事やん。年代的に。40前後って感じですか。

アラサーってのも出て来たんだけど余り使われてない気がする。

私的には「アラサー」って地方の民謡の掛け声みたいじゃん?

そのせいかなって思うんだよね。えっ、関係ない?


日本にしばらくいないと、言葉の変化についていけず、

新しい流行語を知らないものだから、昔の流行語が口に出てしまうのね。

「バブリー」とか、若い振りして「ちょ~クール」なんて言ったら、「げっ、古」って思われるのかなぁ。やだなぁ。

「ぶりぶり」って言葉、知ってます?

松田聖子ちゃん当時の「ぶりっ子」の発展系なんだけど、今使われてるのかなぁ?


つまり、ピンク系(ってそっちの方じゃなくて)の如何にも可愛い女の子女の子した服を着てたり、言葉使いとか、目線とか一挙一動が女のこぉって感じの子をみると、

「あのこ、ぶりぶりだよね。」、とか周りが言ってた。


ただ、日本の流行語には大概パターンってあって、

省略形っていうのが基本。


昔だと、モダンガール、モダンボーイを省略した「モガ・モボ」という言葉。

モダン、って言うと近代の、って感じだけど、当時は流行の最先端のおしゃれ~をする人、って感覚でモダ~ンという言葉を使ってたようだ。


私の世代はどんな流行語を使ったっけ?

「うそぴょ~ん」とか「けばい」とか「ぎんぎん」とか?

何か色々あったけど死んでいった言葉も多いよなぁ。


で、90年代以降からまた英語短縮形とかが多くなったっけ?


なんだかなぁ。でも「オタク」とか、生き残って流行語から日本語にほぼ昇進、ってな言葉もあるよね。


全く分析出来ないまま休憩に入ります。。。

『言葉の壁:ネイティブオージー編。』

もう半年近く経つかなぁ、旦那がね、ケイタイの事でショップの人と話してたの。

で、途中で「パードン?」っておネェちゃんが。

旦那が同じ事を繰り返し言っても聞き取れないらしい。

おネェちゃんもオージーですよ。念のため。


で、気がついたんだけど、同じオージーでも使う言い回しとか、同じ言葉でも言い方とかがね、世代とか育った環境によって大分違うんだよね。


ストリート系の若い子達なんか早口でもごもごって感じで話す。特に友達とだべってる時はそれがエスカレート。

外国人の私には半分くらいしか聞き取れなかったりする。

どうやら、ネイティブでもお年寄り世代には聞き取りづらいらしい。

これって一種の訛りなのかな。

私は「こんな事ってあるんだぁ」などと思いつつ、旦那とおネェちゃんを眺めていた。


ネイティブ同士でも、周りを見回すと「え、なんて言ったの?」って訊いているのをよく耳にする。単語も、普段使わない言葉だとやはり知らない事が多いみたいだ。


訛りとか話し方で、オーストラリアの何処の出身かわかる事もあるみたいだ。ふぅむ。

こんな物をオーストラリアで発見。

以前にも、ショップで見つけたおもろい物を紹介しましたが、

今回寄付された物は。。。


オーストラリアでは超レア物。 

日本ではある特定の場所でしかなかなかお目にかからない代物。

さぁて、何でしょう?


見たとき名前は思い出せなかったけれど、見覚えはあった。


「あ、これって。。。小学生の頃使った事がある。。。」

それは、息を吹き込みながら鍵盤を弾くと音が出る楽器。

使い方だけは覚えていた。


案の定、ケースには日本人の名前が。 おおっ。

ちょっと興奮。


目をぱちくりさせている仲間に

「このノズルを横の穴に繋げてね、息を吹き込みながら鍵盤を弾くの。」

「へぇ。初めて見るわね。」 

そりゃそうでしょ。私でも日本出てから見た事ないんだもの。


取りあえず値段をつけて店に出すと、

私がまだ置く場所を決める前にお客さんが。

興味津々なその人に演奏方法を説明すると、彼女早速試しに演奏。

(ちょっとぉ、雑菌とかついててやばいんじゃないの?)

大きな音が出て、一瞬ぎょっ。


お子さんにピアノを習わせたいと思っているらしい彼女は

「家の子の練習用にいいかも」 とそれを買っていった。


f:id:intuition358:20100603214411j:image

そう、それは「ピアニカ」です!

ピアニカもついにオーストラリア進出!


オーストラリアでこんな懐かしい物に再会するとは思いもしなかった。 

それも、中古の恐らく20年位経っているかと思えるような品。


昔はピアニカなんて面白いとは思わなかったけれど、

日本の小学生が演奏する「あれ」が

オーストラリアのオプショップに流れてきて、

メルボルンの人に買われて、演奏されている。


って、何だかスゴイと思う。

霧の朝。

昨日の朝は霧が深くて幽幻な雰囲気だったな。


中へ歩いていくと、

ひんやりとした水の微粒子が

絶え間なく、ゆっくりと、漂いながら落ちてきた。

庭の青草にも、私の肌にも。さらさら、さらさら。


雨が降っているわけでは無いのに

地面はすっかり濡れていて、

数分の後には

私の髪も服もしっとりと湿っていた。


こんな時に公園とか、湖に行ったら綺麗だろう

「霧の摩周湖」って誰か歌ってたよね。


昔どこかで霧の中のみずうみを見た記憶がある。


不思議。

そのもやもやとしたものの中に

何があるのかって

何かが産まれてくるんじゃないかって、

そう感じさせる。


霧がだんだん薄くなり、名残の霧が

はらぁり。

と降りると

太陽が顔を出してきた。

バンドゥーラのファーマーズ・マーケット。

以前にも紹介した事がある、メルボルンのファーマーズ・マーケット。メルボルンのマーケット。 - メルボルン☆わたし☆雑記

Reservoir(メルボルン中心から12キロ北)に住む様になってからは、遠い事もあって、全く行けなかったのだが。。。


実は家の近くにもあった! 

しかも自宅から車で5分以内の場所。 バンドゥーラ公園。

ファーマーズ・マーケットがオープンしているのは月一回、第一土曜日。


2ヶ月前にその情報を仕入れ、ずっと行きたいと思ってはいたのだが

旦那の仕事の関係もあり、先月は諦めざるを得なかった。


今日は久し振りに旦那がお休みだったので、

じゃぁ行ってみるか。って事に。


着いたのは10時過ぎ。 

まず気がついたのは、ファーマーズ・マーケットといえば必ずっていう程いる

大道?芸人やミュージシャンが居ない事。

どちらかというと、地元の住民向けといった感じの、

シンプルでのんびりとしたマーケットだった。

規模的には今迄行ったマーケットほど大きくはないし、人の数も少ないのだが、自然が多いせいか空気がきれいだった。


そしてもう一つ。

他のファーマーズ・マーケットでは最近、試食できる物が減った様だが、

ここでは試食品が豊富、ワインの試飲もオーケー。

そんな訳で私達は満腹にも関わらず、「必死」で試食。

(だって、美味しいんだもん。)


試食して、気に入った物の中には既に売り切れの物もあった。

来るのが遅すぎたのだ。

(でもチーズ二種類、ナッツ、ほうれん草&フェタチーズのペストやソーセージを買っちゃいました!)


コーヒーを売っている所や、バターを使ってない菓子を売っている店もあった。 

パンも美味しそうだったなぁ。。。(抑えて抑えて)


ファーマーズ・マーケットは朝8時に始まる。

欲しい物を間違いなくゲットするには、朝一番で来る事。

人気商品は直ぐ売り切れてしまうので、遅く来ると買い逃してしまう。

(。。。次回は朝食をとらずに早く来るぞ!)


さて、バンドゥーラ公園の場所ですが、メルボルン中心の Burke Street からトラム86、バンドゥーラ行きに乗って Stop 61 で降りると右側にあります。

Picture 097 (Small) Picture 098 (Small) Picture 096 (Small)

18禁?

家の旦那の悪い癖の一つに

歯磨き粉のチューブの横から絞る癖、

というのがあり、


以前から文句を言ってはいたものの効果なし。

しばらくは見逃してやったのだが

見る度に腹が立つ。


文句を言い過ぎると反抗的になる旦那に

何とか教育の手立ては無いものか?

と日頃から思っていた。


で、閃いたの。

オヤジギャグで攻める!

Picture 099 (Small)

(おしりをしぼって!)

ちなみに Bottom は「おしり」という意味でも使われる。

「下ネタ」のシモに近い感覚かな?


効果はてきめん。

その後はちゃんと下から絞る様になった。

何か「うふっ」って笑ってたなぁ。

あなたは普通ですか?

他人を良く「あの人は変」と言う人がいる。

でも普通である事って何ぞや?

普通じゃないって何ぞや?

変って何ぞや?


てんかんの人は変?

精神病がある人は変?

ゲイの人は変?

デスメタルにハマってる人は変?


普通で面白くない人よりはいいじゃん。


結局は人間としてどうか、って事になるんじゃないか?

周囲の意見に惑わされて

ある一個人を、あの人変-って固定観念で見てしまう

そういうのって嫌だな。


でも、そこで

「え、私は結構あの人面白くて好きだけど」

って言える?

問題はそこなんだと思う。

「自分まで変と思われるのは嫌だ、」と。

世界は広いけど、これだけは何処に行っても同じみたい。


ある人を変だと思っても、敬遠したくても

人に、「あの人変だから付き合わない方が/避けた方がいいよ。」

とは言わないで欲しい。 判断は自分でするから。

一対一で付き合ってみて判断するから。


そう言う私は変人ですか? 

しかも「てんかん」だし? 

だったらどうなの? とたまに感じる。

伝えたいメッセージ。

てんかん患者のほぼ共通の体験。


職場で、或いは公衆の目前で発作を起こすと

その後、びみょ~に周囲から避けられる。


実際に発作を見た「あなた」は

確かにショックを受けるかも知れない。

こわい、と思うかもしれない。

それを責める事は出来ない。

(でも、スキャンダルのネタにする、

って所までいったら流石にあなたの人間性疑いますね。)


発作は怖いかもしれないけど(私達だって怖い。)

「てんかん患者」は怖い人じゃない。


「ごめんね。怖かったでしょう?」

って私は、翌日言うようにしてるけど、

「あぁ怖かったよぉ、吃驚しちゃったよぉ」

って言ってくれる人には、軽いノリで話せる。

逆に、

「あ、気にしないでいいですよ。もう大丈夫なんですか?」

と言い乍ら、明らかに距離を置く人には話しにくくなる。


てんかん患者も普通の人間なんだよ、

って事を態度でアピールするのには限度がある。

「あなた」がそれを受け取ってくれないと

いつまでも状況は変わらない。


想像してみてください。

「あなた」の愛する家族の一人が、

もし突然てんかんになってしまったらどうしますか?

周囲の反応に対してどう感じますか?


「家の家系にてんかん患者はいないから大丈夫」

っていう事はないんですよ。

夫が、妻が、我が子が突然てんかんになってしまった

っていう事はよくあるんです。

そうなったら、他人事では済ませませんよね?


しかもコンピューターやケイタイ、ゲームが氾濫する世の中、

発病の確率は更に高くなっているはず。


私達てんかん患者に限らず、

差別、いじめや偏見を受けている全ての人が

心に傷を持つ全ての人が

自分を愛し、プライドを持って生きていける世の中が

いつか来るのでしょうか?

一週間の反省。

時期的に少し体調が悪かったので

数日間、少しコンピュータに向かう時間を抑えて

本など読んでいた。


今週はショップでも多少イライラ気味だった。

自分に対するイライラだったのかも知れない。

ストレスが多かったから仕方ないか。

笑顔を取り戻そう。

もっとリラックスしよう。


月曜日はクィーンズ・バースディー*1でお休みだし。


少しおしゃれして、外に出かけてみよう。

もっと行動的になろう。

やる事は結構沢山あるしね。

来週辺りからは普段の自分に戻れそうだ。

*1:ちなみにエリザベス2世の実際の誕生日は4月21日。オーストラリアでは1788年に当時の NSW州知事、アーサー・フィリップが英国王(現クィーンの祖父であるジョージ5世)の誕生日(6月3日)を6月の第二月曜日に祝う事を決定、現在に至っている。

つぶやいてます

今日は比較的いい天気でした。

朝からめんつゆにおろししょうがたっぷり入れて

おそばを食べて、

その後、いざ英語の勉強!と張り切ったけれど

モチベーションが続かなかった。


実は新しいボイスレコーダーが欲しくて

安いのをインターネットで探し出したら、

旦那がソファが欲しい、と言っていたのを思い出し

探し始めてしまった。

時間が経つのは痛いほど早い。


途中で勉強を中途にしていた事を思い出し、

罪悪感を少なくする為に、ブラウズ中のウェブ記事など

声に出してぶつぶつ読んだ。

これも勉強になるのかなぁ。と思いながら。


新しいボイスレコーダーはPCにデータのおとせる型が欲しい。

PCの上でプレイバックして、問題発音や、言い回しを

リストアップして練習すれば効果が上がるかな

と期待しているところ。


明日はリサーチは休憩して、家事と勉強を優先させるつもり。

ソファは大体欲しいものが決まった。

でも結構高いんだよね。

ソファやベッドだけは品質を重視したいから、

出費は覚悟しなきゃね。


優先順位的には高くないから、確定申告まで買うのは待とう。


寝る前に勉強しなきゃ。ーあ、今いい勉強法ひらめいた。

テレビ見ながらね、シャドウイングしたり、

自分でぶつぶつ話してるのを録音するの。

今から試してみよ。

たかが石鹸、されど石鹸。

繊細肌が悩みの私達夫婦。
今迄いろいろな石鹸を試したけれど、なかなか肌に合うものが見つからない。
シャンプーはどれを使っても湿疹が出てしまうのが長年悩みだった。

日本帰国時に1個だけ試しに買ったレセルおばさまの石鹸。
それを昨年はじめて使用してみたら
旦那の背中の湿疹がなくなり、
私の髪の地肌のボツボツも消えてしまった。
半信半疑で顔を洗ってみたら、全く大丈夫。
それで、早速レセル石鹸を探し始めたのだが、
インターネットでサーチしても情報は皆無。

まあ、オリーブ石鹸なんてみんな同じだろうと高をくくった私は
その後2種類の違うオリーブ石鹸を試してみた。

近所のグリークストアで買ったアグノの石鹸は一個85円という価格にしてはかなり上質だった。
髪の毛も洗えたし、結構マイルド。
でも、顔を洗ったときにいやぁな刺激が。
それで原材料を見たら、塩酸が入っているではないか。

オリーブ石鹸ってブランドによって実は随分違うんですね。
レセルがどうしてもオーストラリア発送をして貰えないので、
次はイタリアのオリベラの石鹸を試してみた。(結構高い)
結果はがっかり。
旦那の背中の湿疹は消えないし、
髪の毛を洗ってみたら、ガサガサになってしまった。

で、今度こそレセル石鹸を手に入れようと決意。
日本から送ってもらおうと決めた矢先。。。

今日は午後、近所のお医者さんに行く予定があったので
ついでに近所のグリークスーパーマーケットに立ち寄った。
手洗い用にアグノの石鹸を買い足そうと思って棚を覘くと
以前売っていたオリーブ油100%の石鹸が見当たらない。
そこで、他にも似たような石鹸があるんじゃないかと期待して
隣の棚を見たら、見覚えのあるパッケージの石鹸が。。。

え?レセル石鹸?

Lesel Olive soap

日本で売っているのと石鹸の刻印も違うし。

Lesel engravement

おばさまの顔も違う。

Lesel Logo

でも形やにおいは全く同じ。
もしかしてニセモノ?

結果-本物でした。

レセルのウエブサイトで発見したロゴにご注目。同じでしょ?

Lesel Logo

実は輸入業者がギリシャ人なので、ギリシャ国内用に生産されている石鹸を
直接輸入しているのだそうだ。
価格は4個パックでたったの4.75ドル。(日本円で373円)
日本では倍以上の価格で売られている。

天にも昇る気持ちで4パック買ってしまいました。
オーストラリアはギリシャ人口が多いので
グリークストアなどで偶然見つかる事が多いでしょうねぇ。:D
でも。。。安すぎる!

まあ、大丈夫でしょ。

昨日引っ越して来たんだけど
う~ん、ブログページ可愛くなったなぁ。(自分でよろこんでる)
実は英語ブログの方で既にfc2を使っていてかなり気に入っていたのです。
ブログの更新に時間がかかるという問題はあるけれど無料機能が多いのはやっぱり嬉しいですね。

さて、本題に行きます。

もう一週間以上も風邪気味が続いてる。
寝込むまで行かないので、普通に何でもやってるし外にも出ているのだが風邪気味が長引いて喉の痛みが酷くなって来た。

ところで、この国では風邪を引いても、インフルエンザにかかっても誰もマスクをしない。
で、殆どの人が私と同じ様に普通に町をほっつき歩いているのだ。
'Should be alright, mate'(まあ、大丈夫でしょ。)
っていう考えが、あらゆる所に浸透している。

雨が降っても傘をしない。(大雨の時を除いて)
お風呂掃除(大掃除)や車の修理中に手袋をしない。
ちょっと壁にひびが入っていても誰も気にしない。
(っていうか、中古の家でひびが入っていない方が珍しい。)

私もこの国に住んでもう直ぐ9年なので知らないうちに周りの環境に洗脳されているようだ。
ルールもあるようでいて無いような。
目くじらを立てて、それ違法なんじゃないの?
って言ったら笑われるような事がたくさんある。
ばれなきゃいいでしょ?(ってか)

風邪も、この季節当たり前で、みんな風邪気味のまま外に出て、
風邪を移し、移された人も普通に外に出て、隣の人に風邪を移し。
その人も。。。(汗)
みんな風邪気味なら別にいいじゃん?って?

オーストラリアで大地震とか起こったら
全ての家が崩れ落ちるんだろうなぁ。でも。
命さえ助かれば、住宅保険で全額カバーされるから
新築のピカピカのお家に住めるって?

そこでなぜか突然頭に浮かんだ言葉。
「赤信号、みんなで渡ればこわくない。」(古いな)

特別なショッピングバッグ。

今日はオプショップのエリアスーパーバイザーが来るという事で、朝から掃除と整理整頓に明け暮れた。
まず、レジのカウンター内と周りを拭いてきれいにしてから、店の奥の仕事場の角にぐちゃぐちゃに重なっていたプラスチック袋や、リサイクルバッグを整理。

でも、まるでごみの様に床に散らかっている大量の袋をサイズ別、目的別に分けるのは結構大変。
それを慌しく掻き分けている最中に、気になるものを見つけた。
小さいけれど、丈夫に作られていて、綿100%製だ。
袋には 「Ansett Pioneer's coach/jet combo tours」 とプリントしてある。

普段、リサイクルバッグはお客さんが重い品物を買った時に買い物袋として使っているのだが、
中にはなかなかお洒落で、ただであげるのがもったいない位のものもある。

これはその中でもまず5本指に入るだろうな。
アンセット航空は2001年に倒産したオーストラリアの航空会社で、実は私はアンセットの国内線でシドニーからメルボルンに来たのだ。
だから、最初見たときは 「嘘でしょぉ。信じらんない。」 と思った。
まさかこんなレア物を、 「ごみ」 の中から見つけるとは想像もしていなかったから。

この袋は私にとってはとても懐かしいもの。
買おうとして、スーパーバイザーに聞いたら、最初からお客さんにただであげるものだから持って帰って良いよいいよって言ってくれた。

これがそのバッグ。

Picture 108 (Small)

なかなかいいでしょ。

言語設定が変えられない???

日本語のブログだから全て日本語表示に変えようと思って
色々試してみたが、
全然設定が変わらない。

また移動するの面倒だし、何か方法がないか。。。
と探してみたら何と。

他の言語は全て変更可能なのに

「英語→日本語と日本語←英語にだけは設定を変えられないので注意をして下さい」
と書かれているではないか!!!

という訳なので、ゴメンナサイ。
知らなかった私の責任です。

今、風邪っぴきなので今夜は早く寝るぞ。

今日の予定

未だ風邪っぴきです。
外は曇り空。
って、今はもう太陽が顔を出している。
これがメルボルン。

でも、最近はやる事はやる様にしているから
何となく日々は充実。
念願のボイスレコーダーが2日前到着。
録音した物をコンピューターに落として
聞いて見ると、やっぱり間違え探しがしやすい。
一日30分。その代わり毎日発音チェック続けます。

今日はその後リコーダーの練習して。。。
あ、リコーダーって小学生の吹くあれです。
最近かなり高いけどいいリコーダーを手に入れたので、
さっそく前から練習していた曲
「イパネマから来た娘」(Astrud Gilberto バージョン)
を完璧に吹けるようにする。

Picture 101 (Small)


高音が出やすくなった分、いまのところ95パーセントまで来たかな。
中途の、サックスのソロ部分はやはり難しい。。。

夜は久し振りに映画を見に行きます。
オーストラリアの新聞、ヘラルド・サンで昨日医者の待ち時間に映画のレビューを読んでたら
「Gone with the Pope」 っていうふざけた題名の映画が紹介されていたの。
1975年に脚本が書かれて、未完成のまま25年間眠っていたのを映画スパイダーマンの監督さんのボブ・ムラウスキーが単なる好奇心から数年前にプロジェクトに加えて、暇つぶしに作成していたそうだ。

いかにもチープなギャングスターコメディー映画で、何処から見ても低俗最低。
キリスト教神父を誘拐して、世界中のカトリック信者から1ドルずつとりあげるまで解放しない。
あまりにもバカで、最悪すぎるのが逆に何故か思い切り笑えるって映画?!

それに釣られてしまって見に行く。
1箇所の映画館でしか放映しておらず、2夜連続夜の11時半から放映。
超レアでしょ?って何なんだかねぇ。
幸いその映画館は車でならそれ程遠くないので
興味本位だけだけど、見に行ってきます。
陳腐で低レベル、って既に書いてあるから、別に期待せずに見れると思う。(笑)

gonewiththepopereviewjpg.jpg

つまらなくてすみません。。。

深夜の映画館の一室で
足を伸ばして壁によっかかって
ポテトチップスをほおばりながら
3級映画を見ていた。

そうです。観客はわたしだけ。
部屋に入った時はもう一人お客さんがいたのだが
映画が始まる前にボーイフレンドと消えた。

旦那が今日の朝の仕事が入ってしまった為、
タクシーに乗って自分一人で行ってきた。

映画は「Gone with the Pope」という題名の映画。
カルト人気があるという事だったが?いや、評判以上にすごかったな。
原作者兼主演のデューク・ミッチェル以外はアマチュア役者かと思われる。(彼だけが妙にシリアスで浮いている。)
セリフも短い。8ミリ映画のような映像。

ストーリー:
人殺しで牢に入っていたヒットマンのポール(収容所のみんなに大人気)が解放された。
人を7人殺して欲しいというお仕事が入ったから。
牢を出るとポールは、清く美しい女性と恋におち(馴れ初めは不明)。しばらく幸せな時を過ごす。
次の瞬間、ポールはベガスへ仕事を片付けに行く。(でも何故かギャンブルと女遊びのシーンが多い)

次。仕事を終えて戻ってきたポールが
「長年牢屋に入ってたかわいそうな友人達をボート旅に連れ出したい」と彼女を説得している。
ポールと友人ご一行は南アメリカ→アフリカを通っていざローマへ。
さて、ローマではカフェで話していたポールご一行。
突然ポールが、ローマ法王を誘拐しようと言う。(意味不明)
世界中のカトリック信者から1ドルずつ取る。(実はポールも元はカトリック信者。)
信者の数を考えたら、金は充分だ。という事で取る金を50セントにディスカウント。(へぇ?)

友達が女遊びをしたいというので通りで見かけた女性(超巨体)をホテルに連れ帰る。
ドアに入るのも一苦労。よいしょよいしょと服を脱いで、睡眠中の友人に襲い掛かる。。。
つまんねぇ。

翌日いかにもニセっぽい付け髭で神父に変装したポールが教会へ。
病気の兄弟を法王に会わせたいとか、何故か小切手を差し出して(金が目的で法王を誘拐するんじゃないの?)、恵まれない人の為に使って欲しいとかかんとか口実をつけ、法王との面会に成功。

ローマ法王の誘拐はとってもスムーズ。 単に法王を教会から連れ出して、一緒にボート旅を続けるだけ。
3歳の時に海でおぼれてから海恐怖症になった(って、ボート旅してんじゃん)と語るポールの友達を、慰める法王。
で彼が魚を釣っている横に法王が顔を出し、どう?調子は?なんて言ってる。
やっと魚が連れてやったーって捌いていると、魚の中からはらわたならぬ、彼のお母さんのネックレスが出てくる(キリストの奇跡だーっ)。信仰に目覚めた友人達は修道士になる事を決意、計画は実行出来ないまま神父を解放。

感動すべき場所 -
1.ポールと法王の会話。
お金で恵まれない人や、ホロコーストで惨殺されたユダヤ人とか沢山いるのに法王は何もしなかったじゃねぇか。なのに世界で一番金持ちじゃねぇか。と言っている所。
2.友人が法王に従って修道士になる事を決意した瞬間。
お前達の為に7人も殺したんだぞー(何度も吼える)。でていけぇ、みんな出て行ってしまえぇ。
そして法王に、こいつらに何かあったら、神父100人殺したる。とポールが言うと、法王がうるうるしている。

法王帰還は都合よくクリスマスの時期。
ポールも彼女の元に戻り、ハッピーエンド?
え、まさかこれで終わりじゃないよね?
計画がつぶれて、金の方は取れなかったポールはその為に一人で人殺しを続ける。

クリスマスの夜、教会ではろうそくがともされている。
夜中に一人で教会に行ってひときわ大きなろうそくに火をつけるポール。
と、ろうそくが一瞬ふっと消えた。
気を取り直してポールが印を結ぶと。突然十字架がぴかーっ、マリア像の目もぴかーっ。
恐れをなしたポールは教会から逃げ出す。
終わり。

話に脈絡がないというか、どう受け取っていいか解らないというか。。。
笑える場所で笑えない。しんみりするシーンで笑える。俳優の大根さかげんに笑える。
何よりも、最後まで見た自分に笑える。

でも、映画館を独り占め出来たし、久し振りに独身気分を楽しんだ夜でした。

HPVウイルスって知ってますか?

ヒトパピローマウイルス。

私は勿論今日初めて知りました。

実は何ヶ月か前に手にいぼの様なものが出たんです。
単なる湿疹と思ってほおって置いたのですが消えない。
って事でお医者さんに行ったら
ウイルス感染ですね, よくあるんですよと言われた。

治ったと思ったら、別の指に出てきた。
で、原因は何だろう?と思ったんですね。
それがこれ。 HPVウイルスだったんです。

私は免疫力が低いので、恐らくボランティア先で感染したんでしょうね。
これからは品物の選別中とか手袋したり、殺菌用のジェルを持ち歩こうと思います。

で、何でHPVウイルスの事を取り上げたのか、というと
これが(95%)子宮頸がんの原因であるウイルスだから。

このウイルス自体はとても一般的なウイルスでバリエーションが200タイプ位あるそうです。

子宮頸がんの原因は、性交渉によるHPVウイルスの伝染だそうですね。
HPVウイルスは感染自体に気づかない事が多く、
何十年も前に感染したウイルスが子宮頸がんを引き起こす事もあるので
70歳までは定期的に子宮頸がんの検査をしたほうがいいそうです。
HPVウイルスって長生きなんですねぇ。。。

最近はHPVウイルスの感染テストというのも紹介されていますね。
アメリカでは成人の5人中4人は感染を経験すると言われるHPVウイルス。
偏見があるのが嘘の様な確率ですよね?

今週は、筋腫のテストも一応してきます。
症状がね、思い当たるふしがある事ってあるじゃないですか?
恐らく何でもないだろうけど
もう39だし、定期的に検診受けた方がいいかも知れません。

6月23日の日記

今日は忙しい一日でした。
朝からお医者さんに行って、例の腫れ物を治療。

買い物して、帰ってきてからは洗濯物と、掃除。
ソファーをスチームクリーニングしたら、かなり黒くなっていた。
1ヶ月前にキレイにしたのに。。。

そんなこんなでまだ勉強を中途半端。
今晩はさっさと夕飯を済ませてちょっと頑張ろう。
今日はリコーダーの練習が出来なかったなぁ。
明日はショップに行く日だし、金曜日の午後にでも練習しよう。

午後は気温が結構あがって、洗濯物が気持ちいい位乾いた。
何かやる事やったって感じで
久し振りにいい気分。

お堅い政治の話?イン・オーストラリア

ふぅ。
疲れました。
殆どの日は接客好きなのですが、今日は機嫌の良くないお客さんが多かったかな。
「むかっ」って来そうになったけど、何とか抑えました。
他のお客さんに迷惑かけたくないしね。

今日は朝から日本人のお客さんが4人来たんです。
珍しくて話しかけたら、何とその中の一人は同じ横浜出身。
日本人の殆どいない場所で、しかもオプショップで働いてるのって
多分私くらいなんでしょうねぇ。
お客さんの方もビックリしてました。

そうそう、今日はオーストラリアの総理大臣が交代し、初の女性総理の誕生となりました。
個人的には元総理のケビン・ラッド=K-Rudd、結構好きだったんです。(ブリットニー・スピアーズの元旦那K-FedにあやかってK-Ruddって呼んでました。)
炭鉱業界に採掘税を課すというので人気を落とした彼ですが、恐らくこれもオーストラリアの為を考えて判断したんだと思うんですね。

住宅屋根のインシュレーションの補助金支給の判断も悪くはなかったと思う。
業者がちゃんとしていれば、問題は無かったと思うんですね。でも。。。ここはオーストラリア。
インシュレーションに使うアルミニウムシート、住宅が電線の傍だった為に電気が流れてしまい、工事の人が亡くなったんです。でも、プロでしょ?自分達のミスや手抜きを全てK-Ruddに責任転嫁するのってどうかなぁって。。。
まあ、これも私の独断と偏見。

オーストラリアの国民性とか土地柄をもうちょっと考えた方が良かったのかも。
国の体質を急に変えようとしすぎたね。
採掘税の事にしたって、炭鉱業界ってオーストラリアを背負っている業界だしね。
国益を考えたら怒らせちゃまずい相手だった。 しかも経済状況が未だ不安定の今は時期的にもまずい気がする。
K-Rudd、柔軟性に欠けていたのかな。
それでも短い間だったけれどよく頑張ったな、彼。

新総理のジュリア・ギラードも女性という事で新鮮だし、選挙で対戦するトニー・アボットよりは支持を受けると思うけど。
結局は誰が総理になっても大して差は無いと思う。ただ、トニー・アボット君は余りに総理と言うにはイメージが軽すぎる。
冗談で投票する人はいるかも知れないけど、真面目にこの人に投票しようって人いるのかなぁ。。。

Tonny AbbottTonny smiley Abbott

日本の南極圏での鯨漁に対しても反対の声は更に高まっていて、総理が変わって、さあどうなる事やら。。。
ただ、鯨漁に対して反対だからと言って、個人的に中傷する人は滅多にいません。

ま、政治の話はこの位にしといて。(ほんと長すぎだよぉ)

これが例の女性総理です。

Julia.jpegJulia Gillard


のんびり。

今日は胎盤ウルトラサウンド検査に行って来ました。
検査前に水を1リットル飲んで来てください、との事で
頑張って800ミリリットル位飲んだけれど、我慢できなくなってしまって。。。
1リットルなんて絶対無理と断念してそのまま検査を受けた。

2年一度の子宮頸がんテストほどは恥ずかしくなかったです。
ちょっとパブリックドメインで説明するのはちょっと気が引けるので、興味のある方は調べてみてね。
まあ、後は結果を待つだけですね。
大丈夫だろうとは思っているので無駄な心配はしないでいいかな。

ラボはメルボルン近郊のプレストンという町にあるノースランドショッピングセンターの中にある。
公共交通機関の一日切符を買ったので、近くにあるマックで超久し振りにクォーターパウンダーを食べて、
その後、ショッピングセンターをのんびりぶらついて来ました。
デザイナー服や靴などセールで半額とか70パーセントオフとかなってたけど、やっぱり気に入った服はセール対象外だったり、半額でも高かったりしたので、見るだけにしておきました。

それから、前から少し気になっていたデリに寄って、コリアンダーペストとセミドライドトマト(半干トマト?)とマリネしたオリーブの実を少量ずつ買いました。
家に帰って来て試食したけど、風味が本物でかなり感動した。
今まで行ったデリの中では一番納得の味。値段もお手頃でした。
全部で725円位。

Picture 109 (Small)Picture 110 (Small)

油もとり過ぎない様に気をつけてはいるものの、ペストにだけは弱いんです。どうしてもノーと言えない私。
普段健康食を心がけてはいますが、たまにはこういうのもいいですよねぇー。(何言ってんだよ!)
誘惑を抑えて、ちびちび食べるつもりです。

現副総理、ウェイン・スワン。

昨日郵便箱を開けたら、ラッド政府の2010年度予算を振り返って、彼の色々な政策の成功を書いたパンフレットが入っていた。
何か複雑な気分。

今朝、何とはなしにテレビを見ていたら、新副総理のウェイン・スワンがテレビ画面に出た。
で、思ったの。もしかして、今回の急展開の裏には彼の野望があるのではないかと。
ウェイン・スワンは見かけも総理にしておかしくない雰囲気だし、政治についてはジュリア・ギラードより精通している気がする。
彼が目の上のたんこぶであるK-ラッドを降ろすのに、J-Gilを使ったのではないか、と。
そして3年後に、総理大臣にのし上がろうとしているのではないかとどうしても思えてしまう。

225px-WayneSwan.jpg

前総理のK-ラッドとは出身校も同じ。
ただね、成功した政策も失敗した政策も影では彼やジュリアが動いていたはず。
それを上手くK-ラッドに押し付ける事に成功した彼。この何年間かで、色んな失敗から学んでいる筈の彼なら、今後、総理大臣に納まってもおかしくはない。

これからの動向はおもしろそうかも。

それはさておいて、今日は絶対にリコーダーの練習をするぞ。

環境にはやさしいけど。

本当はいつもならオプショップに行く日なのだが、
水曜日と金曜日はボランティアの数が少ないという事で、今週だけロスターを変更。

今日は旦那も休みだった事もあり、久し振りにCeresのコミュニティー公園に行く事に。

最初に途中でオプショップに立ち寄り、スーパーバイザーに約束していた、レセルおばさまの石鹸を持って行ってから、Ceresに向かった。

遊歩道は前回行った時から整備されたらしく、多少雰囲気は変わっていた。
昨日の雨のお陰で小川の水かさは増していた。

最高気温は13度で寒かったけれど、天気は最高だった。

Picture 112 (Small)Picture 113 (Small)

ここは昔、お気に入りの場所で週末にはよく歩きに来た。
何か気持ちが落ち着くし、日常と自然のバランスが保たれている。
メルボルン中心に近い所にこんな「宝石」が隠れているなんてね。

ちょっと歩いた後にCeresのカフェで一休み。
ここではいつも豆乳チャイラテをオーダーする。
カップに2杯分くらいポットに入っているのにも関わらず3ドル。
それに、本物のチャイの風味が強いのも気に入っている。

その後、何時もの様にテーブルで新聞を読んでいる旦那を後に、周囲をぶらつき始めた。

Ceresは実は環境に優しいライフスタイルと風力や太陽光発電などの普及活動をしている機関。(「Ceres」の字をクリックするとホームページが英語で見れます。)

下の写真をご覧下さい。この機関の活動内容が想像出来るかも。


電池で動く電気自動車。

Picture 117 (Small)Picture 118 (Small)


写真で解説する自然肥料の作り方。

Picture 119 (Small)
Picture 120 (Small)


えへん。 
さて、環境に優しい地域社会を作りましょうかねぇ。

Picture 116 (Small)



Profile
齢45になるベテランてんかん患者です。 お仕事はきちんとしながら オフはだらだらと生活してます。 仕事仲間には私が怠け者とはバレてません。 てんかん、っていう以外はまあ、普通。 つまんない冗談とかよく言ってます。

←お気に入りに追加♪


Author:ふぅみん:D
16歳の時にてんかん発病。
闘病歴24年。(な、長い!)
7年前、オーストラリアのメルボルンでソウルメイトと出会い、8ヶ月後に結婚。

性格:真面目な変人。オープンな性格。時々情緒不安定。
タイプ:エロオヤジ系。
煽てられると調子に乗る。

いつも、ありがとう。

折角ブログを覗きに来てくれる人が居るのに、
サボり癖のついている最近のワタシ。
だけど、結局戻ってくる。
どんなに長くサボっていても
その内にきっと必ず書きたくなるから。

ブログってそんなものなのかも知れない。
もう書き始めて何年になるんだろうか?

ブログと共に、
ワタシも歳をとり。
成長し。(?)
他の人のブログとつながる。

あ、あのヒト、どうしてるかな?
なんて、ワタシも覗きにいく。
毎日頑張って書いているヒト、
ぼちぼち頑張っているヒト、
さまざまだけど、
ああ、頑張っているんだな、って分かるだけで、
一日の終わりに、ワタシに元気をくれる。
ホントにありがとう。
そして、来てくれたヒト、ありがとう。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 病気ブログ てんかんへ
Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
ワタシの休憩場所。
Mail form

Name:
Mail address:
Subject:
Body:

Free area
Calendar
05 | 2010/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
Link

このブログをリンクに追加する

Search form
Friend request form

Want to be friends with this user.