昨日の日記。

昨日はボランティア先から帰ってきて疲れきっていたので早く寝た。

ボランティア始めて以来一番タフなチャレンジだったな。昨日は。
人数が足りないからって事で行ってみたら、
朝からボランティアは新人2人を含めて6人+肉体労働ボランティアとボスと充分いるではないか。
しかもショップは静かで仕事も大してやる事がない。

仕方ないから、朝は新人に仕事を教えたり、値段を付けながら時間をつぶした。
さて、午後。
新人はもう帰っていいという事で帰され、他のベテランボランティアも3人先に帰った。。。

と、突然客足が増えてきたのだ。
残されたのは、レジを担当する私と、裏の仕事部屋にいるもう一人のボランティアとボスのみ。
オプショップでは値段の交渉やお客さんの特別扱いは禁じられているのだが、
それでも構わず交渉を要求してくる人や、想像を超えるツワモノのお客さまもいる。

昨日はそういうお客様が多かった。
電話は鳴り続けるし、ボスは人との対応で休むひまも無い。
家具を買いたい人もボスと配達の事については話をしなければならないので待ち続ける。
値段の確認などで他のボランティアに助けを求めようとしても。。。誰もいない。

最近はどこのお店に行っても店員に同情するようになってきた。
私達はお給料を貰っているわけでも、責任のある職についているわけでもないけれど
ボスもスーパーバイザーもいない時は、どうしてもその場で自分の判断で行動しなければならない。
普段はたいした事では動じなくなってきた私も昨日は頭を抱え込んでしまった。

あぁいうツワモノのお客さんに限って毎週のように来て下さる。
チャレンジだから受けてたとうじゃないか!
っても限界を時々感じる。「はぁ」

まだまだ訓練が足りないな。

今日は家を片付けして、それからお勉強かな?。。。

ジュリアちゃんの初仕事。

資源の採掘税がついに承認されたらしいですね。新総理の初仕事。

ただ、前総理の時のプランは税率40%だったのが、採掘会社との交渉で30%に下げられたとの事。
その隙間を埋める為に、通常の会社への税金が28%に下がる予定だったのを29%に値下げで留める事になった。。。

その記事をオーストラリアのHerald Sun(日本で言うと読売新聞に近いイメージがある)で読んだんだけど、それに対するコメントがすごい。
ジュリア・ギラードはジョークだ。見かけは変わっても、中身は変わらない。労働党の政策が変わるわけじゃない。アホ政策だの、資源の採掘会社の力に屈服しただの、資源会社が税金値下げのバーゲンを手に入れた分をなんでオーストラリアの会社が払わなきゃいけないんだ、とか。

採掘税ってもともとは無かったはず。(名前は「鉱物資源貸出税?」に変更)それにこの税金の導入に対しては反対意見が多かった筈。
何だか突然、資源会社に貸す税金を30%に下げた事で、「オーストラリアの資源を外国に安く売りとばした。」 「労働党はこれでお仕舞いだ。」だとかいう意見が目立つようになった。

今迄税金を払わずに(ジョン・ハワードの政権でも)きた資源採掘会社に突然40%の税金を要求するなんて、無茶だと思う。導入時の税率が30%、文句は無いはず。
通常の会社に課す税金が1%しか値下げにならなかった、と文句をいっているけれど、値下げは値下げじゃないの?

今後どうなるかはわからないけど、始めの一歩として充分頑張ったと思う。
コメントや、支持率が実際にはどれほど当てになるかわからないけれど、政策の決定や、総理交代には重大な影響を及ぼした事はまぎれもない。

K-ラッドが闇に葬られたのもインターネット上の支持率アンケートが元。
ETS(排出権取引制度)の導入の延期も同様。

それを考えると、政府が国民の意見に踊らされているのではないかとさえ疑われてくる。
ネット上の意見は単に一部の意見に過ぎないのだから、バカみたいに踊らされないでプロとして政策の判断をして欲しいと思う。

それこそ、ジュリアちゃんの発言じゃないけれど
「全ての人を満足させる事は出来ないし、それを期待してもいない。ただ、今回の結果で、相手に敬意を払った上で率直な対話をする事の大切さを証明できたと思う。」

確かに理想とは程遠い結果だろうし、現在は「承認」の段階で、税金が即導入されるわけではない。
しかも、ガスと油は石油資源貸出税?でカバーされるので鉱物資源貸出税からは除外される。

でもね、もし政権が交代にならなかったらこの税金実現しなかった可能性高いと思うんですね。
一つずつ仕事をこなしていくしか無いでしょうね。どんなに反感を買っても。

私は頑張る人を応援します。。。

個人的な理由。

何だか最近政治の話ばかりしてますね。
昔は全く関心が無かったのに。。。
そこで思い当たった理由。

昔からいじめられっ子だった私は、
周囲から叩かれながら頑張っている人を
どうしても応援したくなってしまう。

叩かれて叩かれて、もっと強くなって欲しい
とどこかで思っている。

だから、書いている理由は大して政治への関心から来ているとは思えない。経済面でのメリットとかデメリットとかも全くわからない。

わからないけれど。
叩かれても叩かれても、潰されないで欲しい。

今日は2時間ぶっつづけでリコーダーの練習してました。
ずっと高音域で苦労していて、3オクターブ目のドからレまでの音が不完全。
後で考えると、基本をおろそかにして、いきなり曲を完璧に演奏しようとしてた自分がバカだった。

今日はきちんと音階の練習から始めて、全ての音がきちんと出るまで頑張ってから曲の練習を始めた。
30分かかったけれど、ウォームアップ練習のお陰で随分よくなった。

新しいリコーダーの指使いは古いのと少し違う。
だから多少慣れるまで時間がかかる。
それまではこの30分のウォームアップは続けないと、っていうか慣れてもずっと続けないと。

まだまだ安定した演奏レベルには程遠い。まあ、辛抱して頑張るしかないですね。

ひと安心。

胎盤ウルトラサウンド、異常なし。

でも、未だに嫌な症状があるので、もしやと思ってラミクタルの副作用というのをリサーチしてみた。

オドロキオドロキ。
吐き気と湿疹は担当医から聞いてはいたが、実は他にもいろいろ副作用があったのだ。
胸の痛み、気管支炎、腰痛、頭痛、腹痛、風邪のような症状をはじめ、ウイルス感染をしやすくなる、など思い当たる事がたくさん出ていた。もちろん今回気になった症状も副作用の中に含まれていた。

私の場合、大してひどくはないし、気管支炎はもともとあるし、大発作が無い事に感謝するべきなんだろうな。

まだ20代の頃、テグレトールを飲んでいて脇の下にぐりぐりが出来た。今でもあるけど幸い悪性のものではなかったので、脇の下を洗う時にちょっと痛いくらい。

一病息災、と母によく言われた。この一病のお陰で、自分の身体の変化に敏感になったし、ちょっとでもおかしいな、って思ったら検査をしてもらう。(無料だし)

ラミクタルを飲み始めてから、てんかんの症状は思い切り軽くなったけれど免疫力が落ちて炎症を色んな所に起こす事が多くなった。
もう3週間風邪を引き続けているけれど、これもその所為なのかも。
免疫を高める為に何かしないといけないかもしれない。

いいもの見つけちゃった。

今日、実は病院の帰りにまた例のグリークスーパーマーケットに寄っちゃったんです。
そこは、グリークだけでなく、地中海地方のものなら何でも扱っているんですね。
ホントに小さなスーパーなのに、珍しいもの見つかるし、物によっては大手のスーパーより安いんです。

そこで実はこんな物を発見。
どんな物が安いのか覚えておこうと値段チェックしている時の事でした。
オリーブ油の置いてある棚に目を走らせていたら、
こんなステキなジャーが。

colavita (Small)

手塗りで、イタリアの良質のセラミックで出来ている容器なんです。
中にはColavita社のバージンオリーブオイルが入っています。
これは赤茶色で、棚に一つしかなかったんで、コレクター魂を刺激されてついつい買ってしまいました。
家に帰って早速ウェブをみたら、限定版との事。
色は白、クリームイエロー、赤茶の三色で、オーダーの際は色を選べません。

Colavita jar

クリームイエローもなかなかいいなぁ、と思いつつも、何処で売っているか解らないし、海外から発送してもらったら高くつくし、これで我慢するっきゃないか。

あれ? なんか微妙に入れ物違くない?
文字もイタリア語表記。下の写真は英語表記。
更にウェブを見ていたら、英語表記の物とイタリア語表記の物と両方存在する事を発見。

これはもう一つの最高級オリーブ油バージョン。

ceramic-cruet.jpg

気のせいか、イタリア語表記版の方は形が無骨な気がするんですが。。。

それでも今はぞっこん気に入っていて、早速食卓に飾ってます。:)

やっと片付けました。庭仕事。

最近運動不足だな、と思ってたので
さぼっていた庭仕事をする事にした。

今日はお天気もよかったし、
やる事やっちゃわなきゃ。ってね。
まずは家庭菜園に蔓延った芝生と雑草の退治。
はい、これはまさに戦いです。

裏庭から菜園へと侵入した芝生は根が深い。
掘っても掘っても根源に辿りつかない。
40センチは掘って、殆どは取り除いたとは思う。
でも、流石にそれ以上は掘れなかった。

コンクリートを突き破れるほど強い芝生を
完全に退治するには、ショベル車?
みたいなものが必要なのではないか???

実はグリーンピースの栽培を計画中。
種の撒き時は秋冬と春。
冬栽培出来る数少ない野菜。

昨年トライした野菜栽培は殆ど失敗。
恐らく芝生に根を絡まれてしまったのが原因。
この問題をどう解決するかが今後の問題。

今日はその後、更に旦那と芝刈りに精を出した。
よく動いたなぁ。今日は。

[休憩中に撮った写真です]

Picture 127 (Small)Picture 128 (Small)Picture 129 (Small)





リンゼイ・ローハンついに!

3ヶ月服役処分。プラス3ヶ月のドラッグリハブ。
リンゼイの母親も裁判に同伴したが、重い処分に怒りを爆発させていたらしい。

今回の裁判でも裁判官に対して見下した態度を取っていて、普通なら刑が追加される所だ。
3ヶ月だけの服役でよかったじゃない。
刑が下りた時の泣き顔がテレビに映っていた。

lohan460-400x267.jpg

この人は痛い思いをしなければ、いつまでも間違いを繰り返す。
もしかしたら、痛い目をみても間違いを繰り返すかもしれない。
その内に薬物運転中に事故起こしても知らないよ。

こういうセレブの薬中の女の子にあこがれて
薬にはまる十代の若い娘たちがあちこちに見られる。
それを格好いいと思っているから。
ミュージックビデオのクリップもそういうイメージをあおっている。

若い子がワルに憧れるのは昔から変わらないけれど
昔は体育感の裏で煙草を吸う位の可愛いものだった。(良い子の私はやらなかったけど)

これで利益を得て生活している人もいるんだから
世の中って皮肉だよね。

神サマを信じてるわけじゃないけれど

今日は一日中レジ担当。
って言っても他にも色々やる事はあったけれど。

金曜日はいつも何かと忙しい。
でも忙しいの嫌じゃない。
お店の皆が私をこんなに信用してくれて
色々任せてくれてるのが嬉しいから。

この数ヶ月いろんなチャレンジを与えられて、
そのお陰で自信を持てるようになったし、
必要な時には言うべき事は言える様になった。
お客さん相手だからガツンとは言えないけど。

こんな時は、守護神かなにかが
私を見守ってくれてるのかなと思う事がある。

今、すごく疲れているけど、嫌な疲れじゃない。
今日はよく眠れそうな気がする。
そうそう、もう即眠れそう。。。お休みなさい。

あなたの車、大丈夫?

車の欠陥問題といえば、トヨタのプリウスのブレーキの欠陥が記憶に新しい。
さて、今回はホールデン。オーストラリアでも老舗の車メーカーが小型ピックアップを3万5千台近くをリコールする事に決定した。

問題はテールゲートの欠陥。荷台の後ろの開閉板。
あれが、運転中に外れてしまうというものだ。

ホールデンは既に今年に入ってから4モデル計3万台以上をリコールしており、これで現在までの売上げ(68,657車)の内の殆ど、65,790車をリコールする事になる。

車の事故の話は日常茶飯事に聞くけれど、
最近特に増えてきた気、しない?
新車の値段は価格競争で安くなってきたし、
新技術を導入してガソリンの燃焼効率の高い型や、
カーナビやBluetooth装備のついた型などどんどん出ているが、
安全性はどうなのかなぁ?

車の事についてはよくわからない私だけど、
車に乗る事はしょっちゅうある身としては、
やっぱり気になる。気になる。。。

フォードのFalconもブレーキの欠陥の可能性が示唆されている。
今の所リコールの予定はないらしいけど、心配。

車も携帯も最近の型の機能の多さには目を見張るけれど、
何だか昔の物と比べると長持ちしない感じ。

特に車は人の命を運ぶ物だから、
値段よりも、機能性よりも
安全性を重視して欲しいな、と常に感じるこの頃です。

まあそういうことも。

昨日の夜は眠れなかったので、
久し振りに小説など読んでいた。
読み終わってからシャワーを浴びて、
出てきたら、すでに青白い光が
ブラインドの隙間から差し込んでいた。
またやっちゃったな。。。

しみじみと。

夕食前に旦那様とお散歩行ってきたの。
さすが冬。
公園に着いた時にはまだ明るかったのに、
2周したところでもう暗くなってた。

1周目にはまだ親子連れやカップルが結構いたのに、
帰る頃には私達だけになっていた。
公園の殆どは池と小川。
夜の池は昼間よりも大きく、深く見えたの。
ひっそりとした公園を歩きながら、

去年の同じ頃、霧で真っ白の夜にここに来た事を思い出した。
旦那も同じ事を考えていたらしい。
あれからもう1年なんだな。
月日はどんどん経っていく。

時々、レストランに行くよりも、カフェに行くよりも
こうして一緒に歩いているときが
一番幸せに感じる。

油断は禁物。

昨日は久し振りに頭が一日中がんがん、ふらふらしていた。
ここのところの不規則な生活が祟ったか。

メインテナンスの人が来ていたのに
言葉に詰まる事が多くてイライラ。

こんな事はしばらく無かったな。
ちょっと油断していたか。
明日は仕事なので、早く寝よう。

やらなきゃいけない事をリストアップして
ぼちぼち片付けて行かなきゃね。
一度に全部片付けようとしたら駄目。

そう、自分に言い聞かせる。
自分の病気とちゃんと付き合っていく為に。

疲れたぁ。

水金のボランティアはちょっときつくなってきた。
自分の代わりの人がいないので、責任が多くて。

ちょっと工夫するだけで売り上げも増えて
面白いし、うれしいんだけど
調子に乗って頑張り過ぎている気がする。

息を抜こう。
昨夜はその後買い物に行って、
完全にバテてしまい、
家の優しい旦那サマにお迎えに来てもらって
帰ってきたら、もううつらうつらしはじめて。
日課の読書も途中にしてベッドイン(じゃなくって)

でもよく寝たお陰で体力回復です。
アイル・ビー・バック!

何やコーヒーの宣伝か?

インスタントコーヒーは昔はブラックで飲んでいた私。
最近はミルクと砂糖をたっぷり入れなければ飲めなくなっていた。

それが。
最近スーパーでネスカフェクラシコなるものを買ったのだ。
200グラムで400円以下。超安い。
で、先月さっそく試してみた。

一杯入れたとたんにその本格的な香りに驚いた。
インスタントは「アラビカ豆100%の本格的な味と香り」とか宣伝文句につられ、これまでいろいろ試してみたが、インスタントの味と香りしかしないのが現実だった。

が、これはプランジャーコーヒーの香りがしたのだ。
信じられない!
砂糖を入れずに飲んでみたが、旨い。
で、日本で売っているかどうか調べてみたら、西友で販売している事がわかった。
詳しい情報は以下のリンクで見れる。
http://www.ryutsuu.biz/commodity/c042615.html

国内では現在西友でしか買えないのが難点だが、
コーヒー好きの人には絶対おススメの商品。
是非お試しくださいませ。

サラダ大好き。

冬になってから、ワイルドロケットについていた青虫が冬眠?に入ったらしい。
お陰で、ちびちびとサラダに入れて楽しんでいる。
コリアンダーも結構いっぱい使っているけど、
やっぱり自分で育てたのは味も感慨もまた格別なものがあるなぁ。

今週は火曜日以降、無理しないように充分休んだので
お店は忙しかったのに思ったほど疲れなかった。

ところで
家はサラダドレッシングはいつも自家製だけど
これがすごく簡単に作れてしまう。
市販のものの原材料欄をチェックしてみると、
レシピなんて案外シンプルな事がわかる。

無添加、保存料なしで身体にも優しい。
私のお気に入りはワインビネガー(バルサミコ酢ならサイコウ)に粒マスタードとオリーブ油、塩こしょうを混ぜたもの。好みで炒めにんにくや、バジルペストなどを入れてもいい。
本当なら砂糖を一つまみ入れるところだろうが、私は入れない。

和風なら、白ゴマ、ごま油、しょうゆ、おろし大根と砂糖一つまみとかでさっぱりっていうのもいいよね。
体内に入るものだから出来るだけ無添加のものを食べたいな、と思う。
とは言ってもマヨネーズとか味噌とかは自分で作れないんだけど。。。

乗り越えなきゃいけないうっぷん。

私達てんかん患者の場合、
「無理をしない、よく寝ろ」というのは鉄則とも言えるんですね。
怠けているように見える事もあるかも。。。なんですが
適当に怠ける事が出来る。というのが
私の場合、病気安定へのいちばんカシコイ方法なのです。

これが、なかなか出来ない。
いける所まで行ってみよう。限界までやってみよう。
と思ってしまう。
その内に「ゴールに辿りつくまで」やってみよう。
という考えに取り付かれてしまう。

「てんかん」だけど、こんなに出来るぞ
っていう自己満足感を得たいのかも。
病気になる前は勉強は結構得意だった。
発症してからの成績の差が余りに極端だったので
先生が、「どうしたんだ?」と不思議そうに聞いたのを思い出す。

自分が一番ショックだった。
集中力なくなるわ、記憶力はひどくなるわ。。。

自分の脳の根底に「こんな病気に負けてたまるか!」
という考えがやっぱり消えてはいないのだろう。
病気前の自分に戻りたいの?
バカな考えだね。
もうちょっとスマートに行こう。
自分にどこでストップをかけなければいけないか知る事。
そこできっちりストップする事を覚えなきゃ。

痛い思いはもうたくさんだからね。

リコーダーばりばり演奏者への長ーい道のり

昨日は午後ずっとリコーダー練習してて、
がんがん Lenny Kravitz とか演奏後、
ちょっとスローなバラード系を練習。
その中の一つが Fergie のビッグ・ガールズ・ドゥント・クライ。
もう数年たつけれど、やはり結構好きだ。

練習後、ネットで歌詞を探して、
何気に訳し始めたんだけれど
簡単そう。。。って思ってた割には
訳しにくい箇所が何箇所かあってちょっと変になってしまった。
(私の駄訳は英語の方のブログに出してあります。)

リコーダーの話に戻りますが、
実はリコーダーは音域が2オクターブ以上あるんです。
ソプラノは3オクターブ目は「レ」までなのですが、
アルトは2オクターブ半まで音が出ます。

Picture 134 (Small)

それで、昨日指使い表(写真上)を参考に、高音域を練習していたんですね。
でも、出る音と出ない音とある。
ずっと気にはなっていたのです。
五線譜の下に、どの穴を塞いだら音がでるか
絵で説明してあるのですが、(写真下)
一番下の部分がどうしても理解出来ない。
穴はどう数えても後ろに1個と前に7(+半穴、ん??2つ)つしかないのにも関わらず、この一番下の黒点は何なんねん

Picture 135 (Small)

Picture 136 (Small)


それで表の一番下を何気に見るとBELLという文字が。(写真上)
なぬ?音の出てくる穴(ラッパなら朝顔部分)を塞げっちゅう事か???
めちゃめちゃ苦労して机や椅子を利用して試してみたら、
確かに音がでるではないか!!!

でもどうやって塞いだらええねん。
手は2枚しかあらへんねんで。
で塞ぐにはリコーダーは長すぎるし、
太ももで塞ぐには短すぎる。
なにせ、見てくれがどうにも。。。

プロの人どうやって音出してんねんやろ。

永遠の疑問になる事でしょう。

英語を勉強する理由?

今日は一日中リビングでだらだらと本を読んでました。
最近サイコスリラーと医療スリラーにはまってます。
多分お義母さんが私が本好きを知っていて、Jonathan Kellermanとかのサイコスリラーを昔よく送ってくれたからかも。

ところで、今日読んでいたのはパトリック・リンチの「Carriers(保菌者)」。

実は14年前に横浜のとある洋書の本屋で買ったものでして。
当時はまだ海外へいつか旅行する事を夢見て、ぼちぼちと余り成果のないまま勉強を続けていました。
英字新聞を電車の中で読んでいるビジネスマンをぽっかり口開けて見ながら、
自分もあんな風に読めるようになれたらいいなぁなんて思ったものです。
で、数日置きに通っていたその本屋で手に取ったのがその本で。
単に作者の名前に聞き覚えがあったので買ったんです。
家に持ち帰って1ページ目を早速読み始めたけれど、辞書なしでは全くちんぷんかんぷん。

その1ページ目には私の手書きがびっしりと。
訳そうとしたんですね。でも1ページだけ。って事は2ページに入る前に諦めたって事です。

でも、何とか捨てないで、オーストラリアに持っていって、何年も経った後、本棚から取り出したんですね。
1ページ目の手書きを見ると、辞書を使ったにもかかわらず意味を間違えているのが明らか。その何年も後にまた読もうとした時も、やっぱり苦労して読んだ。14年後の今は楽しんで読んでいる。
それでも、英字新聞は多分辞書なしでは読めないだろうなぁ。面白い記事でもなかったら多分読もうともしないと思う。

そんな時に、自分は何の為に英語を勉強しているんだろう、と思うんですね。
まあ仕事の為じゃ絶対ないな。
新しい、おもしろい世界が見れるからだろうなぁ。
旦那にも日本語学ぶ事、説得してみようかな。
だって、日本語知らない事で面白い事、逃してるかもしれないじゃない。

そうそう、英語勉強し続けて、仕事でも見つかったらラッキーだな。。。なんて思ってる最近の私です。

メルボルンから冷気をお届けします。

今年のメルボルンの冬は格別に寒い気がする。
それでも日本のキーンと空気が張り詰めたような
そういう寒さとは違う。

ただ、朝外に出る時に、
芝生の上にうっすらと霜が降りている事がある。

家の裏にあった、おばあちゃんの野菜畑。
冬になると霜が深くはって、霜柱が1センチちかくの長さになった。
足元のざくっざくっていう音と感触を
今でもはっきりと覚えている。

冬に日本に帰ったのはもう何年前になるだろう。

つい先日タスマニアにいる義母と話をしていた。
タスマニアも南部や山際では雪が降っているらしい。
ホバートでは1986年以来はじめて降雪を見たという。

タスマニアの冬は結構日本と似ているのかな。
霜柱の話も旦那から聞いた。

今年の冬は寒い。
密かに雪も期待している。
メルボルンに雪が降ったのは50年前。
実は今年、メルボルンの郊外で小雪が降ったらしい。

リビングのヒーターの前で、
本を読みながら身体を丸めているのが
最近の私。
そして、本を読んでいるうちに眠くなり
気がつくとよだれをたれている。

まだ風邪っぴき。

治りかけたと思っていたけれど
またぶり返してしまった。風邪。

長い間鼻水が続いている所為で、鼻水に血が混じりだした。
仕方ないと言えば仕方ない。
周りはみんな大なれ小なれ風邪をひいている。
冬のメルボルンはウイルスだらけ。

そういうわけで昨日はブログお休み。
今日は朝ジェーン・オースティンのマンスフィールド・パーク
を数ページ読んで、後は暖房の効いた部屋でビデオを見た。

その後、熱いコーヒーを片手にコンピュータールームに。
特にやる事もない。洗濯もする必要なし。
雨続きなので、外に洗濯物干せないから。

のんびりした一日。
そうそう、最近英語の聞き取り力が上がったみたい。
何時もレジにいる間、ラジオ聞いているのだけど
ニュースを聞き取れる様になって来て、
お客さんとの話題も増えてきた。
最近声を出して読む練習は余りしていない。
昨夜は少しやったけれど、すぐ声がかれて来てしまって
練習をやめる事にした。

身体からの、ちょっと休みなさいというメッセージなんだろう。

罪悪感

今度は旦那がゴホゴホやってる。
何かそれでも仕事に出なくてはならない彼を送り出しつつ
胸が痛い痛い痛い、ごめんごめんごめん。

ネットのムコウ

今ブログ書いているこの画面。
同じ画面で色んな人のブログを読む。
今、私と同じ様に世界のいろんな所で
同じ事している人、数え切れないほどいるんだろうな。
様々な人が様々な言葉で。
読んで、書いている。

コンピューターにウツル画面は
世界中と繋がってイル

このムコウにいるあなたは
どんな人なんだろう。
私はアナタを言葉でしか知りえない。
顔も話し方も知らないけれど。
でも。

アナタの言葉、好きです。
アナタの言葉が、感性が。ココロに響きます。
ブログでは、色んな人が、
自分を表現している。
写真でだったり、詩だったり、つぶやきだったり
そしてそれを誰かが見て、
何かを感じるんだろうね。
今のワタシのように。

真っ黒で味気のないモニターが
インターネットとつながると
まるで生き物のようだ。
個人の発した情報や、言葉や、映像が
ネットの中で別の社会を作っている。
その架空の社会の中には
善があれば悪もあり、
ウイルスまでも存在する。

ネット社会に入った途端
言葉は、一人歩き。
そして理解されたり、誤解されたりする。
言葉は時にやっかいだ。

でも、言葉があるから
アナタを少し知る事が出来る
響きあうものを感じる事ができる。

架空の社会は、でも
現実と繋がっている

このちっぽけな画面を通して。

ワタシの言葉は
どう歩いていくのかな?

生きるということ?

小学生の頃、国語の教科書に
「生きるということ」(「生きる」だったかな)という詩が載っていた。

当時の担任の先生が出した作文の宿題。
「生きるということ、は何だと思いますか?
自分の言葉で書いてみてください。」

昨年帰国したときに、その作文を偶然見つけた。
背伸びして、精一杯大人が喜ぶような事書いていた。
言葉は覚えていないけれど。

生きるということは
そんなに真剣に、哲学的に考える事なんだろうか
と最近は思ったりもする。
もっと単純なのかもしれないね。

カルヴァン・ハリスの去年のヒット曲、フラッシュバック。
歌詞の中に隠れている意味は完全にはわからない。
ただ、ビデオクリップ見ながら、
自分の若い頃を思い出した。
飲み屋でドリンク奢ってもらって
ぎりぎりまで飲んで、酔っ払って
町をふーらふーら。

そんな馬鹿な事をしているのに
思い出すと恥ずかしい様な事もあるのに
町をふーらふーら
夜風は自由の匂いがした。
ああ、生きてる。
その感覚を覚えている。

あのビデオクリップの中で主人公が
薬やアルコールで意識もおぼつかないまま
夜遊びを繰り返す。
何で、自分の命を危険に晒しているのに
気がつかないんだろう。
記憶はフラッシュバックの様に細切れ
細切れの記憶しか残らない。

どこまで行くの
どこまで堕ちて行くの
底なし、底なし。
何か言葉に出来ないものに突き動かされて
何をやっていたんだろう?

でも、そんな
バカな事をしている間も
ワタシは生きていて
今とはまた違う事を感じていた。

一瞬一瞬、
つまんない仕事をしている間も
すばらしい景色に息をのむ時も
何かに打ち砕かれて苦しんでいる時も
寝ている時も

こうしてだらだら書いている間も
ワタシは呼吸している。
ワタシは生きている。(笑)

今日の一日

こんなに天気が良くて暖かい一日は久し振りだ
今夜は星空がキレイだろうな

こんな小春日和の日は久し振り、なんて思いながら
洗濯物を干してたら
いつしか山口百恵(三浦百恵)の「秋桜」を口ずさんでいた

その後、百恵ちゃんのさよならコンサートの
YouTubeクリップを発見

泣きながら歌っているのにちゃんと歌になっていて
歌っている曲の歌詞がその時の彼女の気持ちと重なっていたのか
感情が更に迫ってくる

それを見ながらつられ泣き

その数時間後。。。

さて、夕食には何をたべようか
まだ冷蔵庫にかぼちゃカレーモドキが沢山残ってる
でも余り重いもの食べたくない気分

シンプルなサラダでも食べようか
何時ものようにベーコンは使わないで

昨日試してみたドレッシングの新レシピ
結構オイシかったな

フィラデルフィアのクリームチーズと、
粒マスタード、バルサミコ酢とバジルペスト
フラックスシードオイル少し混ぜてみたの

ホントが白ワイン酢の方が良かったんだけど
無かったから
バジルペストは使わなくてもいいかも
試行錯誤だね

そうだ、今夜はもう少しシンプルにしてみよ
フラックスシードオイルは
友達がコレステロール降下作用があると
薦めてくれた

サラダに加えるとそんなにクセがない

百恵ちゃんはいい奥さんなんだろうなぁ
などと思いつつ、もう直ぐ夕食の時間

Thank You for Everything
一日の終わりに

ココロのノート

昨日、YouTubeのビデオクリップ見ながら
涙ぼろぼろした話

泣いた後、妙に気持ちがすっきりした

自分も変わったなぁ。。。
百恵ちゃんのYouTubeクリップだけで泣いちゃうなんて

一番苦しかった頃
ワタシは泣く事が出来なかった

どん底から這い上がろうとしていた時に
自分が不幸だという現実をきちんと認める事が
出来なかった

このままでいるものか、
という意地
どこまでも強くなってやろうと思っていた

お陰で外見だけはすごく強そうに見えただろうな
腹筋もラクに100回は出来た(そういう話じゃないんだけど)

みんなに言われていた、アナタは強いねって

キミは強いから大丈夫だよ
と言われて、傷口が開いても
表情にする事はできなかった

ちょっとした事で苦しんでいる人を見下していた
ちょっとした事では無かったかも知れないのに

本当はその人が素直に感情を表面に出せる事が
羨ましかったのだろう

素直に泣ける様になったのは
結婚してから

今でも、優しい言葉を掛けてあげることが
ワタシは余りに下手だ
アドバイスを求められて
あまりに率直に言葉を発し
相手を傷つけてしまった事も度々ある

自分には昔、全てを話せる相手がいなかった
目の前で弱音を吐ける相手がいなかった
だから、苦しんでいる人に
どう接していいかずっと解らなかった

でもある時、ふと思った
全てを解ってあげる必要はないんだ
全てを解る訳がないんだから

話を聞いてあげるだけでいいんだよ

で、気がついた
昔のワタシも
話を聞いてくれる人が欲しかったんだと

そして苦しみを
人と分かち合う事を知った
涙腺も昔よりずっとゆるくなって
腹筋も弱くなった

弱い事は必ずしも悪いことじゃないよね

苦しみも幸せも
人と分け合う事ができたら
すごく幸せだよね

もっと心のドアを開けよう

ある街角の春。

冬の真っ只中のはずなのに
汗ばむほどの陽気だった。

午後、買い物に出たついでに
写真でも撮ろうと思い
カメラをもって Kingsbury という所にある
ショッピングセンターに向かった
家からは少し遠いけど
いい運動になるので何時も歩いていく

Plenty Road に辿りつくと
そこは、もう春。
日差しはまぶしいくらい強く
花も咲き乱れている

つい一週間くらい前
梅のつぼみが大きくなってきていたので
つぼみの写真を撮れたらいいな
と思っていたのだが、結果は。

今日の気温の上昇で
満開になってしまっていた
あれからずっと寒かったのに。

歩き続ければ
うす桃色のもものはな
たんぽぽ、つつじ、バラ

目に入ってくる
赤、白、黄色、ピンク
花、花、花。

こんな写真になりました。

Picture 138 (Small)

Picture 139 (Small)

Picture 140 (Small)

Picture 142 (Small)

Picture 145 (Small)

Picture 148 (Small)

Picture 149 (Small)

ここ以外の場所は
まだ冬の風景。
Profile
齢45になるベテランてんかん患者です。 お仕事はきちんとしながら オフはだらだらと生活してます。 仕事仲間には私が怠け者とはバレてません。 てんかん、っていう以外はまあ、普通。 つまんない冗談とかよく言ってます。

←お気に入りに追加♪


Author:ふぅみん:D
16歳の時にてんかん発病。
闘病歴24年。(な、長い!)
7年前、オーストラリアのメルボルンでソウルメイトと出会い、8ヶ月後に結婚。

性格:真面目な変人。オープンな性格。時々情緒不安定。
タイプ:エロオヤジ系。
煽てられると調子に乗る。

いつも、ありがとう。

折角ブログを覗きに来てくれる人が居るのに、
サボり癖のついている最近のワタシ。
だけど、結局戻ってくる。
どんなに長くサボっていても
その内にきっと必ず書きたくなるから。

ブログってそんなものなのかも知れない。
もう書き始めて何年になるんだろうか?

ブログと共に、
ワタシも歳をとり。
成長し。(?)
他の人のブログとつながる。

あ、あのヒト、どうしてるかな?
なんて、ワタシも覗きにいく。
毎日頑張って書いているヒト、
ぼちぼち頑張っているヒト、
さまざまだけど、
ああ、頑張っているんだな、って分かるだけで、
一日の終わりに、ワタシに元気をくれる。
ホントにありがとう。
そして、来てくれたヒト、ありがとう。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 病気ブログ てんかんへ
Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
ワタシの休憩場所。
Mail form

Name:
Mail address:
Subject:
Body:

Free area
Calendar
06 | 2010/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Link

このブログをリンクに追加する

Search form
Friend request form

Want to be friends with this user.