オーストラリアとは。

かなりお休みしちゃいましたね。

忙しかった。
話題が余りなかった。
疲れていてブログを書く気を失っていた。

などと弁解はいろいろ。

そんな間に春が来た。
家の庭でも、花が色とりどりに咲き始めた。
そして、このブログの訪問者も遅ればせ乍ら1万人を突破した。
来てくれた人、コメントくれた人、ありがとう。

最近のオーストラリアでは、労働党の党首が変わるのではないかと憶測されている。
ケビン・ラッドをサポートする人も再び増加傾向のようだ。
でも正直に言わせてもらおう。
私はジュリア・ギラードに頑張ってほしい。

彼女は行動力の面でも首相としての器でも
ケビン・ラッドやトニー・アボットに劣ってはいないと思う。
ただ、国民や政府内でのバックアップが足りない。
何故?
女だから?
オーストラリアでは、自分より成功している女性を嫌う傾向がある様に思う。
日頃陰口を聞いているとそれがよく分かる。
それに、オープンにジュリア・ギラードをサポートしたら
フェミニストだとか、彼女が女性だからというだけで応援している
とか言われそうだ。

オーストラリアが英国に追いつくまでにはまだかなりの時間がかかるのだろう。
数日前、SBSという放送局で放映したドキュメンタリーを見ていた。
オーストラリアの白人主義の歴史をテーマにしていたのだが
この国の、異常なまでの白人中心主義を紹介していた。
このポリシーは70年代まで続いたのだ。
今からたったの40年前の事だ。

現在に至っても、普段フレンドリーなオーストラリア人が
「もう難民はいらない。難民は自国に送り返せ。」
という事を大っ平に言う人が多い。
理由は「私たちの税金で生活しているから」
確かにこれは複雑な問題。
ジュリア・ギラードは国民を「満足」させる為に、マレーシアに難民を送る選択をした。
それが正しいか正しくないかは別として。
それを最高裁判所が覆したのだ。
マレーシアには難民を守るシステムがしっかりしていない。人権に関わる。
そう。オーストラリア人は難民を受け入れたくはないけれど
人道的な方法を取って欲しかったのだ。

実際にオーストラリアに入国する難民の数はパーセントにすると
全体の移民の1パーセントにも満たないという。
そういう現実をどれだけオーストラリア人は知っているのだろうか。

メルボルンにはおそらく純イギリス血統のオーストラリア人は殆どいないと思う。
それが一時は99パーセントの人口が純イギリス人だったのだ。
信じられないよね。
「移民(外国人)に仕事を取られる」
という不安が、当時国民の間では強かったのだという。
自分達の平和な生活が不安定になる、ということ。
それが、今の時代の難民に対する考えにも共通している様に思える。
ただ、悪者にはなりたくないのだろう。

オーストラリアは日本と同じ島国。
視野も、イギリスやアメリカに比べると狭い。
オーストラリア女性はかなり強いけれど、
同性に対するライバル意識も異常に強い。

ジュリア・ギラードは首相就任の時に言っていた。
私は全ての国民を満足させる事は出来ない。
時にはがっかりさせる事もあるでしょう。
でもオーストラリアは先に進まなければならない。
オーストラリアの国民をがっかりさせるのは簡単だけど
満足させるのはほぼ不可能だと思う。

大衆は何を求めているのだろう?
そして何がオーストラリアにとってベストなのだろう。
ジュリア・ギラードが何をしても結局国民は満足しないのではないか?
マスコミに踊らされて、ジュリア叩きを激化させるのではないか?

そんな事を思いながら
素顔のオーストラリアとはどんな国なのかと考えるこの頃だ。
Profile
齢45になるベテランてんかん患者です。 お仕事はきちんとしながら オフはだらだらと生活してます。 仕事仲間には私が怠け者とはバレてません。 てんかん、っていう以外はまあ、普通。 つまんない冗談とかよく言ってます。

←お気に入りに追加♪


Author:ふぅみん:D
16歳の時にてんかん発病。
闘病歴24年。(な、長い!)
7年前、オーストラリアのメルボルンでソウルメイトと出会い、8ヶ月後に結婚。

性格:真面目な変人。オープンな性格。時々情緒不安定。
タイプ:エロオヤジ系。
煽てられると調子に乗る。

いつも、ありがとう。

折角ブログを覗きに来てくれる人が居るのに、
サボり癖のついている最近のワタシ。
だけど、結局戻ってくる。
どんなに長くサボっていても
その内にきっと必ず書きたくなるから。

ブログってそんなものなのかも知れない。
もう書き始めて何年になるんだろうか?

ブログと共に、
ワタシも歳をとり。
成長し。(?)
他の人のブログとつながる。

あ、あのヒト、どうしてるかな?
なんて、ワタシも覗きにいく。
毎日頑張って書いているヒト、
ぼちぼち頑張っているヒト、
さまざまだけど、
ああ、頑張っているんだな、って分かるだけで、
一日の終わりに、ワタシに元気をくれる。
ホントにありがとう。
そして、来てくれたヒト、ありがとう。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 病気ブログ てんかんへ
Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
ワタシの休憩場所。
Mail form

Name:
Mail address:
Subject:
Body:

Free area
Calendar
08 | 2011/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Link

このブログをリンクに追加する

Search form
Friend request form

Want to be friends with this user.