暗い話題は一休みして。。。

う~ん。
寒いです。
お天気悪いです。
体調も悪いです。
あんまし元気ないです。

とうとう冬が来てしまった。
昨日はちょっと頭がくらくらしてて
倒れるかと一瞬思ったけど
何とか持ちました。。。ほっ。

そんな訳でずっとブログも書かないままでしたが
その間に、セイント・キルダという海辺の繁華街にあるレストランでお食事。
ストークハウス、っていうんです。http://www.stokehousemelbourne.com.au/

インターネットでサーチしてたらお値段もそんなに高くなかったので
じゃぁ行ってみようかと。

で、行ってみたら。。。
そこは超アップマーケット。
ドレスアップもせずに行ったので、ちょっと場違いな感じ。
そして、、、
メニューをチェックしてお顔真っ青。
げっ。スープが20ドル以上???
100ドル以上するワインもある。
恐る恐る夫の顔を伺うと
思いっきりぶすっとしている。

雰囲気を和らげようと
「まぁ来ちゃったんだし、これも経験、経験。遅ればせの結婚記念日ディナーって事で。ねっ。」
なんて、結婚記念日を3週続けて祝ったのでした。

去年jはそういえばクラウンカジノに行ったんだっけ。
景色はよかったし、これも経験って感じだったけど
食事は機内食レベルだったなぁ。
で、100ドル以上払った。

で、ストークハウスのレベルは、というと。
日本の最高級レストランには多分適わないけど
新鮮な食材、全てが一番最高の状態で出てくる。
食材の風味のバランスと、口当たりと、歯ざわりが絶妙。
「オーストラリアに来て、一級品の料理を食べた事が一度もなかったなぁ、」
と、しみじみと振り返った。
そう。
どんなに味が良くても、歯ごたえがイマイチ、とか
食材が古いかも、とか
お野菜、ちゃんと水切ってあるの?
とか思う事が殆どで。

などと思っていたら
夫が、事もあろうにサラダとフライドポテトを注文。
しかも、こんな高いレストランで。
「なんてもったいない。。。」
と思っていたけれど
運ばれてきたものを口に入れてみて即感動。
フライドポテトとはこんなに旨い物なのか。。。
使っている油も違うはず。
油の温度も。でなかったら中がもっと脂っこくなるはず。
しかも脂っこいフライドポテト特有のにおいがしない。
癖になるかりっかりっとした歯ざわりと(音がする、)
ほくっとしつつ、あくまでも軽い感じの内側。
いや、普通の美味しいフライドポテトとはレベルが違います。(ホントです。)

サラダにはしいたけが入っていて、
その他はフツーに野菜と、ちょっと酸味のあるオリジナルドレッシングなんだけど
お野菜が採りたてのようにぱりっとしているのね。

ほかのメニューは何だか外国語混じりで、殆ど意味も分かんなかったけど
シンプル、と思える一品の中でさえ、
ちゃんと食材が
その個性を最大限に出している、
最大限に生かしている。

一皿一皿に、
食材に対する愛情と、シェフの情熱を感じたのでした。
思わず、ありがとう。と声をだすワタシに、
笑顔をほころばせるスタッフ。

こんな場所には
しょっちゅうはこられないけれど
2級以下のレストランに何度も行く変わりに
ここに年2回くらい来れたら満足だなぁ。

お勘定はワインなし、サイドメニューシェアで$171なり。

下のハナシ。

昨日はお休みだったので、洗濯物を干すことにしました。
だるいなぁ、と思いつつ買い物にも行って、
郵便局にも行って、
さて、今日はちゃんとやる事やったかも。
と思って帰ってきたら、
せっかく干した布団のカバーに
鳥のうん〇がそこら中についているではないのぉ。

思わずあぁぁっ。。。NO WAY!!!
と絶叫するワタシ。

うん〇と言えば。。。
ご存知の方も多いだろうが、英語ではShitという。
Shitとは、とても用途の広い言葉で、
日本でも良く「クソ!」というが、
英語圏でも幅広く「Shit!」という。
応用編。Shitty weather / Shitty day / Shitty relationship / Shitty job
クソのような、ひどい、最低な。
天気 / 一日 / 恋愛・人間関係 / 仕事。
おぉ、書いてるだけで暗くなってきた。。。

最近はみんな、一日に何十回もShitという単語を使うから
頭も生活もみんなクソまみれかも知れない。

Shitはその他にもいんちきとか、くだらない話(時には商品)の事もいう。
代用語はCrap。言っておくが、これはPiece of Crap / Shitではない。

ところでその応用編。
オーストラリアに長く居る人なら
「No Shit!!!」という表現を使ったことがあるはず。
さてさて、これはどういう時に言うかというと、
「ウソ、マジで?」ってな感じ。
つまり、No Way!!! / No Kidding!!!と似たような意味なのである。
「あぁぁっ、マジかよぉ。ウソでしょぉ。。。Holy Shi*!!!」

毎度思うことだが、何でみんなそんなにごみやらクソやらが好きなのだろう。。。
最近は「Oh my god!」や「Holy Jesus!」なんて信心たらしい言葉も余り耳にしない。
GodはついにShi*とC*apに乗っ取られてしまったのだろうか。
しかも聖なる物とまで崇められて。。。。。

Img128514_holy_shit_Medium_.jpg

(やっぱり、こういう人っているんだなぁ。。。)

布団カバーについたBirdshit(鳥のうん〇)。
Oh Shit, Shit, Shit!!!!! 「あああぁぁぁ。」
ホント、頭の痛い話である。

No Shit. (マジで。)

バランスが大事?

月曜日はQueen’s Birthdayっていう事で世間はあ~長い週末だぁと浮かれている。
が、ワタシは仕事に行くのだ!
カネになる事はするべきなのだ!
だって時給が倍以上になるんだもん!
ホリデーは祝日前に合わせて、しっかり祝日には働いて、一日有給を取るのだ!
パートなのに、せこすぎるといわれようと構わんのだ。

でもでも、
残業はしないのが基本。
だから会社からの電話には基本的に出ない。(やな奴)
直接頼めば断りにくいと思ってるのか、
最近は面と向かって切り出される。
でも甘い甘い。
ワタシには「てんかん」という言い訳があるもんね。
それでも一ヶ月か二ヶ月に一回だけは申し訳程度に残業するけど。

普通の残業だと残業手当がついても
税金差し引くと、大した違いはないから
「ねぇねぇ、残業代つくから、仕事出てこなぁい?」
などと、甘い言葉で誘われてもその手には乗らない。

それに「てんかん」は言い訳だけじゃない。
連続で働くと、時々気分が悪くなる。
これは自分のためだけじゃない。
会社のためでもある。
会社も知っているから余り強くは押さない。

フルタイムで働いて、
発作も起こらなければどんなにいいだろうと思うけど
それが不可能なのは体が敏感に感じている。

冬は特に病気と付き合うのが難しくなる。
健康管理がトッププライオリティー。
ポテトチップスやジャンクフードの誘惑はあるけれど
NOと言える自分になろう。
ちゃんと料理をしよう。うん。
ヨガもしよう。。。(冬は運動するのが面倒くなるんだけど)

そして自分を大事にしよう。

夫を応援中。

2週間後に夫がまたバンドのギグをやる。
いや、単なるカバーです。
原物は、80年代に活躍したイギリスのロックバンド「THE CULT」
カバーって事ですから、オリジナルなものはいっさぁいありません。念のため。
でもそれでもお気に入りの曲はあるらしく、
ウチの夫のお気に入りはこれ。↓



うん、かなりセクシー。かなりワイルド。

夫が7年の休みを経て再度バンドに入ったとき、
しゃぁねぇ、応援してやるかって事で腹を決め
バンドのギグには出来る限り参加。
THE CULTのアルバム、特にELECTRICのアルバムは全曲チェック。
全く興味がなかったのに、
夫が毎晩練習してるのも手伝って、殆ど全部覚えちゃった。

メンバーも中年に片足突っ込んでいる方がホトンド、
(ウチの夫は両足突っ込んでるけど)
そんな彼たちですが、一生懸命練習中です。。。(夫、右端のほうで真剣な顔してやってますね。マジメな奴です。)

リハーサル中↓


メルボルンに居る方で、しかたねぇ、チケット買ってやるか!っていう太っ腹な方、
もしおられたら下の画像↓をクリックしていただければサイトの方に移動いたします。

560422_477468805603696_764614955_n.jpg


ちなみに場所の方はスワンストンストリートとリトルコリンズストリートの角の
「THE Hi-Fi」です。

バンドを応援してくだる、という奇特な方がおられましたら
下のイメージをクリックしていただければ、バンドのFacebookページに移動します。
健気なワタシの為にひとつポチしてやって下さい。(自分で言うな!)

309032_320897211260857_236738083_n.jpg

吹き出物との闘い。

知らないうちにストレスが溜まっていたのか、
それとも糖分を取りすぎたのか、ナッツを食べ過ぎたのか、
確かな理由は不明だが、にきび(吹き出物だろ!)が出てしまった。

ところで。
夫はウン中(十)年近く、しつこいにきびに悩まされている。
にきびトリートメントは全て試した。という程、色々試したが、
どうも効き目があまり持続しない。
飲み薬を飲めば消えるんだけど、
飲み続けなければいけない事と、副作用がちょこちょこ出ることなど
結局問題が付きまとう。

そんな夫、プレッシャーとストレスのせいで
長年の問題が一気に噴出してしまった。
夫は「プロアクティブ」、という製品を使っていて、
使い出した当初は、それこそ「奇跡だ!」という程、数日でにきびが消えた。

なのに最近、プロアクティブが効果が薄れてきてしまった。
にきびが爆発するたびに荒れる夫。
YouTubeで、にきびの中の皮脂、黒ずみなどを取り出す機械の紹介ビデオを発見、
ブックマークをするのを忘れ、探してくれと懇願してくる。
ワタシもそれに折れて彼の発見したらしいクリップを発見したのだが。。。

この方法、オーストラリアに広まっているか、というのが疑問。
それに、すごく痛そう。
何か他にないのか、と探していたら、同じYouTubeで
Witch hazel (アルクによると和名は「まんさく」だそうだ)の化粧水を紹介していた。

その商品 「T.N. Dickinson's Witch Hazel Toner」 は
どこの薬局でも見かける安物の化粧水。
う~ん安物か。。。なら悪かろう。

で。
もうちょっとWitch Hazel Tonerで、Google検索してみて
よさそうな物を発見。
それは、「Thayer's Non-alcohol Witch Hazel Toner with Aloe Vera」

成分には勿論、化学薬品など入っていない。徹底して自然派。
悪いわけがない。
使った感想など読んで見ても、「ものすごく良かった」と
ホトンド興奮気味に使用経験を語っている方多数。
で、それに乗ってしまったワタシもコーフンしてオーダーしてしまった。

その直後、使用後感想の中に「しつこいにきび肌」を持つ人の感想文が出ていた。
曰く、「ちょっとべたっとした感触がのこって、にきびがひどくなってしまった。」
その後、その方は薬局で簡単に手に入る、臭くて、アルコール(自然にとりだしたアルコール)14%も入っている、Dickinsonさんのフォーミュラを試して、にきびが消えてしまったとの事だった。
えぇっ???
で、もう少しGoogle検索、Dickinson先生の化粧水レビューを読んでみる事にした。
ネガティブなレビューも多少あったが、その殆どはアルコールが入っている事と独特の「悪臭」についての不満で、にきびに悩んでいた多くのお客様は、効き目に感動してしまって、臭いなど殆ど気にしてない様子。

それで、「これは試してみなきゃ駄目だろ!」と夫を説得、
翌日は国民の休日で薬局は開いてなかったため、
火曜日に購入、最初に自分で試してみる事に。

以前、書いた気がするが、
ワタシの肌は、超敏感肌である。
日本の、「自然派」化粧品、スキンケア商品は全てといって良いほど試したが
どれを使っても肌が痒くなったり、口の周りがものすごく荒れてしまうのだった。
オーストラリアでも、自分の肌に合う商品を見つけるのにはひじょーに苦労した。
今はトルコ製の「Antique Dalan Pure Olive Oil Soap」なる石鹸を洗顔に使用。
これ、200グラムの石鹸が5個パックで約500円。
馬鹿みたいな安物石鹸でありながら、
洗顔、洗髪、お風呂用全般から掃除、洗濯用石鹸としてまで、幅広く使える。
手作りなので、形が完璧でないのと、カットも真っ直ぐじゃなかったりとこれもご愛嬌。
(後で分かったことだが、アマゾンやその他のコスメサイトではこの石鹸が5-7倍の値段で売られている。冗談じゃねぇ!)

化粧水は、肌に合ったものが今までなかったので、
ローズウォーターを替わりに使ってました。
そんなワタシが無謀にも、アルコール分14%の化粧水を使用。
この化粧水はWitch Hazel 100%で、それにアルコールが入っているだけ。
という超シンプルな商品。

でもでも。
毛穴が、感動するくらいきれいになるの。
吹き出物や湿疹が気になる部分にも使ってみた。
汚れや、皮脂をきれいに取り除いて、
使用後は肌がきゅっと引き締まった感じ。
かゆみも発疹も今のところなし。

で、夫が使用してみたら、
数日どころか、数時間でにきびが小さくなってきた。
「これ、いいよ。すごいよ。」
そんな言葉を聴いたのは、プロアクティブと最初に出会った時以来。

そして今日、ThayerさんのWitch Hazel Tonerが届きました。
Thayerさんの方にはやにが使われている気がする。
その他にも保湿用にグリセリンなどが入っている。
肌によさそうな物ばかり入っている、のに。
使ってみたら、毛穴がふさがれるような感じが。
何か、肌も痒くなった気がする。
気のせいなのか。。。
もう少し使ってみて肌に変化が現れるか待ってみるべきか。

今日は、結局Dickinsonさんの化粧水でThayerさんをふき取ってしまったワタシでした。
って事で、今日のところはDickinsonさんに軍配が上がったかな。
でも勝負の本番はまだこれからだ。


Dickinsonさん vs. Thayerさん。
FNQWSY2C.jpgThayers witch hazel toner

付けたし情報: どちらの商品も乾燥肌の人にはお勧めしません。こちらで紹介したものは全て、コンビネーション/オイリーで敏感肌の人向けです。

使ってみなければ分からない。

石鹸と化粧水ではケチっているように見えるワタシだが、
保湿クリーム・油にはかなりこだわりがある。
オーストラリアでは有機・自然派のスキンケア商品が充実しているので、
自然派商品信者のワタシも片っ端から試した。

昔はInnoxaというブランドの保湿ローションを買っていた。自然派とは言えないかも知れないけれど、適度にしっとりタイプで、当時のワタシが知る保湿剤の中で唯一湿疹もかゆみも出ないスグレ物の商品だった。
しかも値段もめちゃめちゃ高くはなかった。
それが事もあろうにInnoxaはフォーミュラを変えてしまい、その結果ワタシの肌には合わなくなってしまったのね。

<ローズヒップオイル崇拝時代。>
で、その後試したのが、Kosmeaというブランドのローズヒップオイル。値段的には多少高かったけど、保湿力は超優秀、濡れた肌に2滴ほど馴染ませるだけで、つやのある感動するほど柔らかい肌に。
余り感動したので、保湿クリーム(リプレニッシング モイスチャークリーム)やSerumも購入。一時は大ファンだったんだけど、数ヵ月後、突然炎症を起こしてしまったの。。。
泣く泣く、高かったクリームは人にあげた。
ただ、ローズヒップオイルだけは火傷した時や傷跡などにつけると直りが早いから、今でもたまに購入している。

その後、TrilogyやAkinのローズヒップオイルも立て続けに試したけど、吹き出物が直ぐに出てしまい、これも手放す事に。
ただ、TrilogyのVital Moisturising Creamだけは、かなり良かった。
かゆみは多少出たが、それほどひどくは無かったし、少量でしっかり保湿してくれた。Kosmeaの保湿クリームより多少安く、効果は変わらない。
ただ、香料が少し入っている為、アレルギーがある人は要注意。

<オリーブオイル石鹸中毒。>
3年前に日本に夫と来た時購入したのが、レセルおばさまの石鹸。メルボルンに帰って来て使ってみたら、感動するほど肌がしっとり、吹き出物、かゆみが2日で消えてしまった。1個しか買わなかった事をすごく後悔したのを覚えている。

その後、色々探したけど、オーストラリアでなかなか見つからず、近所の地中海系スーパーで見つけたアグノというブランドの100%オリーブオイル石鹸を代わりに使ってみた。
レセルと似たような色とニオイで、レセルより多少さっぱりしている感はあったけど、洗顔にも問題が無く安く手に入るので、結構気に入っていた。夫の背中の湿疹も少なくなり喜んでいたのに、その約半年後、そのスーパーが入荷をストップしてしまい、やむなくお別れを告げることに。

次に試したのがOlivea。レビューが余りにも良かったので、夫も喜んで大量に購入したのだが、結果はがっかり。マイルドで、しっとりしている事は確かなんだけど、汚れが取りきれず、吹き出物が瞬く間に出てしまった。
その後、上述のスーパーでレセルおばさまの石鹸を発見。大喜びで使ってみたら、前の様な感動が無い。思ったほど肌もしっとりしなかった。

で、試しに。。。と思って買ってみたのがAntique Dalan Pure Olive Soap。
最初は肌にかゆみを感じたんだけど、数日後湿疹もかゆみも、吹き出物も見事に消え始めた。もう2年以上お世話になっている。

<その後。>
これでオリーブオイルに味をしめたワタシ。
オリーブオイルの保湿クリームに希望を見出した。
そして出会ったのが、BotaniというブランドのOlive Repair Cream。3年前にオーストラリアに出来たブランドで、年々着々と口コミで広まり続けている。
ワタシは既に同ブランドのフットスクラブを愛用していたんだけど、顔用の商品は試したことが無かった。
値段が44ドル以上もする上、量もたっぷり(120グラム)入っているから、肌に合わなかった場合の事を想像してずいぶん迷ったんだけど、結局リスクをとる事に。
あれからもう1年になる。発疹もかゆみも吹き出物も全くない。しかも、小豆大の量でしっかり保湿してくれる。顔をぬらした後に、手の中で伸ばして押さえる様な感じで肌にゆっくりと馴染ませるのがコツ。このやり方だと肌が油っぽくならないし、1ビンが1年近く持つ。
その証拠にワタシは1年前に買ったビンを未だに使いきっていない。
無香料なので、特有のニオイがある。好き嫌いもあるかも知れない。
とっても肌に優しくて、目の周りにも安心して使える。

但し、それにしても高すぎる!という人、
MacroというブランドのNatural Vitamin E Creamは要チェック。
価格も1ビン12ドル程度とお手頃で、アボカド油やアロエエキスが入っていて敏感肌の人も使える。無香料のタイプも出ている。
ワタシはこれでも吹き出物とかゆみが出てしまったけれど、これは特例の筈。保湿も少量でしっかりしてくれる。

ただ、今とっても気になっている商品があるのね。
これはBotaniの新商品、Olive Skin Serum。
クリームに入っているXanthan Gum(増粘安定剤) が入っていない、というところに惹かれる。Botaniなら安心して使える、という先入観が既にあるので、恐らく明日辺り誘惑に勝てなくなって、薬局に直行するだろうと睨んでいる。

追伸:
突然ビューティー・コスメのブログに方向転換したワケではありません。
また、オーストラリアのブランドは未だ日本では購入不可のため、オーストラリア在住の人がメインの情報です。

テンカンとハーブ。

以前、書いた事があるけれど、
ハーブとテンカン発作の関連。
ローズマリーとユーカリがテンカン患者には良くない、
という事は知られている。
でも。
案外知られていないのが、
カモミール。
ワタシは、昔からカモミールのニオイを嗅ぐと
頭が気持ち悪いような、いやぁな感じがあって、
全然リラックスできなかった。

で、たまたまWitch Hazelは大丈夫か、
情報をかき集めていた時に見つけたサイトに
テンカンをわずらう人は以下のハーブを避けてください。
Tansy、Mugwort、どちらも ヨモギ科の植物。
Juniper berries(ネズの実)、そしてカモミール。
さて、検索結果、Witch Hazelは一応問題ない様子。

今まで試したスキンケア商品の中で、
すごく肌には合ったんだけど、気持ち悪くなって使うのをやめたものがあった。
Nude by Natureというブランドの、
Nude Oil、というオイル。
原料を検索中に発見した事。
最初は主要原料のTamanu oilが原因だとずっと思っていたんだけど
他に入っていたSt.Jones wort(おとぎりそう科のハーブ)が原因だったらしい。
ハーブそのものは安全でも、テンカン薬との相性は悪いというのが
St.Jones Wortのケース。
しかも、スキンケア商品には多用されているので注意が必要。

ニオイを嗅いでみて、いやぁな感じがしたら
即買うのを(使うのを)やめましょう。

いい感じ。

週の半ばに休みがあるというのはワタシにはとても助かる。
特に、今週は少し体調もすぐれなかったから
ゆっくりとお昼近くまでzzzzzz。

珍しく暖かく、お日様ニコニコだった昨日から
いかにも冬らしい、灰色の日に戻っている。
今から11月位までは「雨期」と言っていいのかな?
大体毎年、冬はよく雨が降る。
お陰で、電気代も、ガス代も、
つい寒くてお風呂に入ってしまうワタシのせいで
水道代も一気に倍増。(まぁ倍はいかないけど。)

オーストラリア人は家にお風呂が無いのに慣れているのか、
シャワーしか浴びない人が殆ど。
水が貴重な事もあって、
「シャワーは5分で済ませましょうキャンペーン」
なんてのも去年まであったっけ。
昔、シェアハウスに居たときも
大家さんが、
「日本人の女の子は長風呂だから水道代が高くついてしょうがない。」
なんてこぼしてたなぁ。

何か指さきが少しかじかんできた。。。。

ところで、
前々回のエントリーで紹介した Botani Olive Skin Serum、
結局翌日買っちゃいました。
さらーっとしてて、するーっと浸透していく感じ。
独特のニオイは少しあるけれど、すごくいい商品。

クリームに比べると、「しっとり」感は低め?かな?
でもちゃんと潤っていてかさつかない。
どちらかというと、肌がつるっとして、柔らかくなる感じ。
クリームが、乾燥肌、敏感肌向けだとすると、
Serumの方は、オイリー肌、混合肌、オイリー敏感肌向けってところかな?
で、これは夫に使えるかも、と思って3日前から使い出した。
保湿商品には裏に、使用方法が書いてある。
これは、普通肌の人を基準にしている事を忘れないこと。
だから、夫には普通2-3滴使うところ、1滴強しか使わせない。
彼の肌は、この量で十分潤う。
そして、使う前に必ず肌を濡らす事。

つまり、彼の場合、
1.オリーブ石鹸で顔を洗う。
2.Witch Hazel Tonerで顔と首をくまなく拭く。
3.洗い流さず、自然に肌を乾かす(タオルは使わない)。
4.水を肌にスプレーする。
5.あらかじめ手の中で伸ばしたSerum1滴強を、顔、首になじませる。
以上。

Witch Hazel Toner の方は
やっぱり、Dickinsonさんの方が、ワタシ達にはあっている様子。

実は夫の首に巨大な丁が出来ていた。
夫いわく、ゴルフボール大だったというから、
実際はその半分サイズだったのだが、
どちらにしても、、
「ちょっと大丈夫かよぉ、こればっかりはお医者さん行って抜いてもらわなきゃムリでしょう。」
と、言っていた。
一週間後現在のサイズは幅7ミリ、厚さ2ミリである。

顔のにきび・吹き出物。。。
日本のみんな!
にきびや吹き出物は若かろうと中年だろうと呼び名は変わらないのだ!
どうしても、というなら、「オ・ト・ナのにきび」とこっちでは言うのだ!
ホルモン分泌の未だに盛んな49歳、
気持ちも未だに十代だし。。。
ま、それは置いといて。

その後の経過なんだけど、
にきびの腫れ、ひきました。
まだ、ぽつぽつと赤い点々は残ってる。
でも、アブラテカテカで赤ら顔だった夫の肌が、
柔らかいすべすべした、色白肌に変わったのデス!
数日でにきびを消してしまう商品ではないけど
肌から変える、にきびが出来にくい肌にする商品。

ワタシの肌も、すこし明るくなった感じ。
それに、つやが出た感じ。(ウフ)
それで、調子に乗って若いフリしてる。
往生際が悪い、なんて言われても、良いのだ!
ごまかせるウチはごまかすのだ!!!
テンカンの癖に、なんて言われてもいいんだもんねぇ~!

兎に角、今回のにきび克服プロジェクトでは
毎日夫に感謝されている。


Champagne.jpg

っていうワケで、(アルコール抜いた)
シャンペンでかんぱーい!

地震?

どうやら昨夜メルボルンで地震があった様だ。
マグニチュード5.3というハナシだが、
30-40秒続いたらしい。
去年もあったけれど、地震かな?
その時はという程度だったみたいだ。

今回はテーブルの上のコーヒーカップが倒れた、とか
強風が吹いたときみたいな音がした、とか
実際は震度2とか2弱だったのだろう。
それでも、地震に慣れてない一部の人には
恐怖の瞬間だったらしい。

家が耐震設計になっていないから、
床自体が傾いている家が殆どのメルボルンで、
カップが倒れたのと、
日本の地震で同じことが起こるのでは
レベルが違う気がする。

前にも書いたけど、
オーストラリアの家は丈夫になんか作られていないから、
震度4でも倒れるんじゃないか、と思うことがある。
何かあってからでは遅いんだろうけど、
何かあってからじゃないと腰をあげないのが、
オーストラリアなのだ。。。

アダルトな気分で。

今週の仕事はおしまい。
ふぅっ。
例のノンアルコールスパークリングワインを探したけど、
見つからなかったので
結局ボトルショップに立ち寄って、飲むものを探す事にした。
滅多にアルコールは飲まないワタシだけど、
たまにだからよしとしよう。

と、何気にボトル、ラベルをチェックする。
実はワタシ、ビールになると
「見かけ」が大事。
変なボトルやちょっと変わったラベルを見かけると
もう、もう、買わずに居られなくなるのだ。
そんなこんなで、冷蔵庫に目を走らせていたら、
ちょっと可愛いラベルのビール?が。
しかも、見かけは可愛いくせにネーミングは大胆。
「Dirty Granny」

Dirty Granny

実はこれ、アップルサイダーが入っているビール。
それにしても。。。
Dirtyなばぁちゃん、か。

さて、ここで英語のお勉強。
Dirtyというのは、汚い、という意味だけではない。
時に、エロい、とかエッチな、とか、或いはスケベな(同じだろ!)
というニュアンスが伴う。
何故か不明だが、女性の場合のみエロいイメージが付きまとう。
日本でも、「ダーティー・ママ」なるドラマが始まるようだが、
お色気がふんだんに含まれるのだろうか。。。

ばぁちゃんがダーティーなイメージをちょっと想像する。
「あんたも好きネェ。」「ちょっとだけヨ。」
見上げてみたら、加藤茶似のばぁちゃんが裾をまくってた、とか。
古すぎてわかんなぁい?もしかして?
じゃぁ、
60すぎたマドンナとかリアナが
ステージで露出するところを想像してみる。
マドンナだったら、60過ぎてもありうるかも。
文学系の人なら、
丹羽文雄の『菩提樹』に出てくる養母もかなりダーティーと言える。

と言うことは、このアップルサイダーを飲むと、
ばぁちゃんがスケベな気分になって、
うっふーん、となってしまうのだろうか。

裏を見てみると、
グラニースミス(リンゴの品種)が
使われているかどうかはわかりましぇーん、
と、無責任な事が書かれていた。

では何が入っているんだ?
ばぁちゃんがアダルトな気分になる成分とは?
ついつい6ビンパック買ってしまったワタシ。
流石にまだばぁちゃんでは無いので、
効果は無いようデス。

結局、煩悩を恥じたワタシは
仏陀さまにすがるのだった。
スパム来ませんように。。。


Buddha.jpg

社会のバランス。

炭素税が来月から導入されることになった。
ずっと前から光熱費、ガス代が上がる、と危惧されていたが、
それは現実のものとなりそうだ。

でも、ちょっと待って。
炭素税が導入される前から電気・ガス代は上がってるし、
課される税は同じはずなのに、エネルギー会社によって、値上げ幅が違うの?
これは、『便乗値上げ』じゃないの?
恐らくこれで国民はますますエネルギーセービングに励むと思う。

まぁそれは置いといて、ここでワタシが思うのは、
ワタシ達は何でも政府の所為にするけれど、
それを利用して設けようとする産業・企業はどうなのか?
年金や生活保護を書類を誤魔化したり、
収入を隠したりして受け取っている国民が後を絶たない事はどうなのか?

オーストラリアは社会保障金に資金を使いすぎている気がする。
本当に経済的に困っている人が損をする、
というけれど、
一生懸命働いている人が損をする、
という社会でもある。
経済的に完全に困っているわけではない人が、
贅沢を我慢する代わりに
政府の生活保証金を不正に受け取ろうとする。
そういう社会だ。

少しだけ経済的に苦しいなら、
まだやりくりの方法はあるはず。
お金がそんなに無いのに、最新のファッションや、
ゲームやハイテク商品に飛びつく人が居る。
受け取った生活保護金や年金を
ギャンブルに使う人が居る。
働けるのに働かない人、
単にやる気が無くて生活保護に頼っている人が居る、
だから、本当に困っている人が損をしている気がする。

バランスの取れた社会なんて不可能。
ワタシ自身、結局は自分の幸せが一番。
ワタシ達はみんな、
自己中心的すぎるのかもしれない。

税金申告シーズン前の頭痛。

オーストラリアでは来月から税金申告が始まる。
仕事関連の費用や配偶者のお給料、収入やその他によっては
かなりの額の還付金が入ってくる。

で、
来月からのショッピングリストを今から作っている。
実は新しいソファーが欲しかったんだけど、
高品質で長く使えるモノはやっぱり高いし。
ソファーベッドも考えたけど、ソファーとしての品質がイマイチになるし、
ベッドとしても余り快適とは言えない。
エアマットレスは既に2つもダメにしたので、お金のムダと判断。
それで、今寝室で使っている布団ソファーをラウンジに移す事を計画中。
で、寝室用にソファーじゃない綿100%の布団を買う予定。
高品質のベッドはハンパなく高いし、
布団は寝心地保障の上に、質の高いのを買っても手が届く値段。
うん。やっぱ、布団でしょ。

実はウチ、椅子とかソファーとか、
家具も殆ど古いのね。
お義母さんのお下がりとか、
オプショップで見つけたモノとか、
人にタダでもらったモノとか。
だから、何とか目的はまだ果たしているものの、
時々他の家に行って、
新品の家具とか見ると、ちょっとうらやましくなっちゃう。
だから、何でも欲しくなっちゃうの。

でも本当に必要か、って聞かれると疑問。
同時に、ウチには本当に必要と言えないもの、
古いガラクタがいっぱいある。
ああ、これさえなければ。。。と思うけど、捨てられない。
この為に、ホコリ落としが大変だし、
ガラスのケースが欲しくなる。
それで、ぴったりのモノを探そうとなると、
中古では見つかんなかったり、
新品だとメンタマ飛び出るくらい高かったり。

そんで、まよってまよって、
既にあるモノの別の使い方を考えて、
そして、欲しいものリストを削って削っているところ。

そんな事してるウチにまた一日が過ぎていく。
Profile
齢45になるベテランてんかん患者です。 お仕事はきちんとしながら オフはだらだらと生活してます。 仕事仲間には私が怠け者とはバレてません。 てんかん、っていう以外はまあ、普通。 つまんない冗談とかよく言ってます。

←お気に入りに追加♪


Author:ふぅみん:D
16歳の時にてんかん発病。
闘病歴24年。(な、長い!)
7年前、オーストラリアのメルボルンでソウルメイトと出会い、8ヶ月後に結婚。

性格:真面目な変人。オープンな性格。時々情緒不安定。
タイプ:エロオヤジ系。
煽てられると調子に乗る。

いつも、ありがとう。

折角ブログを覗きに来てくれる人が居るのに、
サボり癖のついている最近のワタシ。
だけど、結局戻ってくる。
どんなに長くサボっていても
その内にきっと必ず書きたくなるから。

ブログってそんなものなのかも知れない。
もう書き始めて何年になるんだろうか?

ブログと共に、
ワタシも歳をとり。
成長し。(?)
他の人のブログとつながる。

あ、あのヒト、どうしてるかな?
なんて、ワタシも覗きにいく。
毎日頑張って書いているヒト、
ぼちぼち頑張っているヒト、
さまざまだけど、
ああ、頑張っているんだな、って分かるだけで、
一日の終わりに、ワタシに元気をくれる。
ホントにありがとう。
そして、来てくれたヒト、ありがとう。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 病気ブログ てんかんへ
Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
ワタシの休憩場所。
Mail form

Name:
Mail address:
Subject:
Body:

Free area
Calendar
05 | 2012/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Link

このブログをリンクに追加する

Search form
Friend request form

Want to be friends with this user.