見慣れた光景。

久しぶりにオリジナル写真つき。

そうです、
これまでの写真は殆ど借り物です。

デジカメはかさばるし重いし、持ち歩くのはどうしても面倒。
折角遠出しても、いっつもバッテリー充電を忘れたり、
ばっちり充電したと思えばメモリーカードを入れ忘れ、
結局写真は撮らないまま。
とんでもないうっかりちゃんなワタシなのである。

ケイタイを変える前はケイタイ写真を使っていたんだけど、
今のケイタイはBluetoothがPCと対応しなくて、
PCへの写真の移動方法が分からなかった。

実は最近知ったのだが、
夫のSamsungのケイタイのUSBコネクターが
ワタシのSony Ericcsonのケイタイにも使える。
そんな訳で、やっと写真を移動することに成功した。やったー!

嬉しくなって
数ヶ月前から目を付けていたこのブツを撮る事に。

043.jpg

ブレててゴメンナサイ。
通勤のバスの中で毎度見かけるこの案内看板。
今年のアンザックデー前に見て、
「ふぅーん、夜明けのメモリアルサービスの為の特別無料バスねぇ。
これって実際にはメモリアルサービスに行かない人でも無料になるんだろうか。。。」
で、まず案内の下をみて、
<予約が必要です>とのヒトコトに、「やっぱりね。」とがっかり。
そして、日付を確認すると、4月25日が月曜日になっている。
今年のアンザックデーは水曜日のはず。。。と思ったら、
2011年と大きく頭に書いてあるではないか!

2012年のアンザックデーからも既に3ヶ月以上過ぎたが、
一向に取り外される気配は無い。
トラムにも音楽系、映画系、ストリート系フェスティバルの案内が良く張られているが、
そのイベントの半数以上は既に終わっている。
ただの緩慢なのだろうか、それとも労働時間とか人員の削減の一環なんだろうか。

トラムを降りて、何気なくいつも通る薬局の前を通り過ぎかける。
ちょっと前まで大手のプライスラインの薬局があったが、
同じく大手のセーブルファーマシーに取って代わられた場所。
そんな時に目に付いたのがこの銅板。

044.jpg

この薬局のある場所に昔々建っていた家の持ち主、
トーマス・ウィルキンソンさんが、
ジョージ四世の奥さんだったBrunswick(イギリスの地名の一つか?)
のキャロライン公爵夫人の名前にちなんで、
ここをBrunswickと名づけた、とある。

現在のBrunswickは、
学生の町、クリエイティブで、ちょっとヒッピー系な若者の町と化していて、
ウォールアートもその一つなのだろうか。
ウォールアートというか、単なる落書きというか。。。。。
ワタシには意味不明の横文字がペイントされてますなぁ。
写真の右上の方には...SUXと。
君ねぇ、スペルはSucks(最悪!という意味。)だろ、Sucks。
正しく書こうネェ。
「いや先生、スペルが正しくても落書きは落書きです。」

下はウィルキンソン氏が住んでいた場所の、現在の外観。

045.jpg

上下にイベントのポスターが隙間無く張られていて、
今まで目に付かなかったのもうなずける。
もうちょっとこう、
当時の建物とかの一部とか残してあればいいのに。。。

例えばこんな風に。

033.jpg

当時の建物の外形を保存して
一階部分のみをショップに改装。
よくある光景。

037.jpg

これもそう。以前はアカウンタントが入っていたけど、
倒産して現在はテナントを募集している。
昔は大工道具とか売っているお店があった事が
少し色あせた看板から伺える。
こんな建物が、シドニーロード(Brunswick、Coburg)沿いにはいくつもある。

しんみりと。

今週は結構雨続き。
晴れ間はあるんだけれど、すぐ曇ってくる。
季節はそろそろ冬が終わりに近づき、
辺りにも梅か桃の花が咲いている。
裏庭の韮も通常冬になると枯れてしまうんだけど
今年の冬はずっと延び続けた。

仕事を始めてもう9ヶ月になる。
忙しいけど、楽しんでいる。
毎日少しずつやり方に工夫を加えたり、
話し方を少し変えてみたり。
それが上手くいくと
それだけで、ワタシの一日は明るくなる。

職場で、自分の居場所を見つけた。
そういう自信が出てきた。

もうワタシは大丈夫。
そして、サポートしてくれた周囲のみんなに、ありがとう。

早春の暇つぶし法。

今年も春が早く来たのだろうか。
今日は(も)強風が吹き荒れている。
オーストラリアにも春一番という言葉があるとしたら、
数日前の強風がそうだったのかもしれない。

もう暖かくなってきたから
マフラーも要らないくらいなのに、
気まぐれなワタシは、編み物にはまっている。

最初は麻の紐でショッピングバッグを編んだのね。
でも麻の紐は固かった。。。
編み上げたときに指が痛くて痛くて。。。
指の平にマメが出来て。。。
そんな思いをして編んだバッグなので、
毎日使っている。

次に、同じのを母にも編んでやろうと思ったの。
ちょっと変わった色の毛糸で編んでもいいかな、
などと思いつつネットでパターンを検索していたら、
赤ちゃん用の帽子とか靴下とか、
可愛いのがたくさん出てきて、
無性に他のものも編みたくなってきた。

で、そのうち編むものリストを頭の中に思い描きつつ、
結局は夫のマフラー。
今更のように編んでいる。
棒針で編もうか、鈎針編みにしようか、迷った挙句に
今回は鉤針編みで行くことに。

前に棒針で編んだのが薄くて細すぎたので、
もっと太くて、厚みがあって、長めのを編んでいる。
色も2色にして、同色で編んだ帽子とおそろいに。
でも、、、形がいびつ。
最近覚えたもこもこ編みをパターンにつかっているので、
その部分だけ少し幅が広くなってしまっている。

まぁ、これは練習用って事で。
今から直すのも面倒だし、
夫は単純だから、
編んでやれば喜んで使ってくれる。
♪かぁちゃんがよなべーをして、マフラーぁ編んでくれたぁ~♪
ってね。

ところでワタシ未だに手袋編めません。
誰か、教えてください。

地元散策。

今日も曇り空だったから
予定していた散歩は無理と思っていたら、
思いがけずの晴れ間。
すっかり春気分で半そでを着て、
昨日編みあがったトートバッグを肩にかけて
同じく編みたてのマフラーを付けた夫と共に
しばらく行っていなかったエドワードレイクリザーブに向かった。

夫のマフラー。(線が崩れているのが良く分かる。)

DSC00106 (Small)
DSC00105 (Small)

こっちはワタシのトート。まあまあの出来。

DSC00104 (Small)
DSC00103 (Small)

夕方になって気温が下がったのか、
かなり肌寒かったけど
相変わらずジョギングしている人や
サイクリングしてる人が後を耐えない。

中にはカヌーイングをしている人も。

DSC00107 (Small)

ま、それは置いといて。
今日の散歩の本当の目的は、
最近開店したこじゃれたピザレストランをチェックアウトすること。

実は通勤のバスの窓から外を眺めていたらたまたま目に付いたこの店。
『Off The Boat』 は公園のすぐ脇にある。

DSC00096 (Small)

Reservoirの駅からエドワードストリートを真っ直ぐ行った住宅地の角、
商店街からはかなり離れているが、
外観は最近この辺りにもちらほら見かける
今風のカフェの一つといった感じだった。

この時は開店していなかったので、外から写真を撮っただけだったが、
レストランということで、夜なら開いているだろうと思って行ってみたら
案の定、開業中。

DSC00111 (Small)

土曜の夜という事もあって、
テーブルは全席埋まっていた。
ワタシたちは仕方なく外で震えながらの食事。
その間も、お客さんが絶え間なくやってくる。
小さな店という事で席が足りないのが残念だが、
この店のピザは、
ワタシが知る店の中でも三本指に入るといっていい。
デザートもなかなかのもの。
店員は全てイタリアン。

次回はお品の写真も紹介するつもり。
夏に行くのに最高の場所。

Reservoirの町も進化中。
これからも地元の店をチェックしていくのが楽しみなところだ。

地元のお気に入り。

今週も引き続き編み物に励むワタシ、
家にへたばっているのも疲れたので
午後はお買い物に出かけた。

ワタシの地元はメルボルンでもかなりダサい場所といえるReservoir。
そんなReservoirの更にダサい方のBroadwayの商店街。

とはいえ、住めば都。
お気に入りのお店などもちょいちょいある。
その一つが
BROADWAY SUPERMARKET。

Broadway Supermarket Edited

ここは、
いかにもローカルのニオイがぷんぷんしており、
イタリア人か、グリークか、系のおばちゃんとおねぇちゃんが働いており、

ワタシがダランのオリーブ石鹸を買う場所もあり、
ちょっとおススメ: http://melbwatashi.blog131.fc2.com/blog-entry-180.html。

絶品のチーズを買う場所でもあり、

Cheeses broadway supermarket


ちょくちょく出る新入荷商品をわくわくうきうき気分で買う場所でもある。
(イタリア、ギリシャ製品は直輸入なので他店に比べてかなり安いのもウレシイ。)

Calabriamia.jpg

お洒落じゃない所がなかなかいいじゃない?

と、言って置いて、
お買い物の後に、最近のお気に入りの喫茶店へ。
行き先は、Lady Bower Kitchen。
このださださの商店街の、ださださのスーパーから
徒歩2分の場所にある別世界。

Lady Bower

って、お店のサインないじゃん?
とつっこまないで。
ここは昼過ぎや週末には席が取れないほど込む人気のカフェ。

別世界、というのは
お店の中。

Lady Bower interior

インテリアはちょっとカントリー風。
メニューは朝食メニューとミニケーキ、マフィンくらいなんだけど、
手抜きをしないで丁寧に作ってあるのね。
コーヒーも、メルボルンで5本の指に入るレベル。
自信を持っておススメできる。

初めて行った時は、人が全く居なかったにも拘らず、
レモンケーキの余りの美味しさに感動。
ココナッツがまぶしてあり、甘さは控えめ。
レモンの皮が、(もしかして揚げてある?)
カリカリとした感触で舌をこころよく刺激。
何ともいえない。

お友達や遠くから来た家族を連れて行くのに最高の場所である。

Lady Bowers home recipes


便乗リサイクル。

そうそう、さっきのエントリーで紹介した、
Lady Bowerのホームメイド製品。

Lady Bowers home recipes

ジャムや、チャトニー、ソースなどあって
容器も可愛くしてあるけど、
実は、よくサルサやジャムなんかが入っているビンを
リサイクルしているのだ。

きっと飾り布の方は、
端切れ布をオプショップとかから買い入れ、
カットして使っているのだろう。

田舎の方に行くと、
農家で自家製ジャムとか売っている場所もあるけれど、
大概容器はリサイクルビンである。

ってわけで、
ワタシもリサイクル。

Lady Bower で買ったチャトニーのビンの飾りに使ってあった布をテディーにかぶせて、

Eddie.jpg

赤のポルカドット。
なかなか可愛いでしょ?

こっちは、ちょっと前に編んだ
麻のリサイクルバッグ。
指にマメを作りながら編んだけど、容量もたっぷりで便利。

Lute Bag (Small)
Profile
齢45になるベテランてんかん患者です。 お仕事はきちんとしながら オフはだらだらと生活してます。 仕事仲間には私が怠け者とはバレてません。 てんかん、っていう以外はまあ、普通。 つまんない冗談とかよく言ってます。

←お気に入りに追加♪


Author:ふぅみん:D
16歳の時にてんかん発病。
闘病歴24年。(な、長い!)
7年前、オーストラリアのメルボルンでソウルメイトと出会い、8ヶ月後に結婚。

性格:真面目な変人。オープンな性格。時々情緒不安定。
タイプ:エロオヤジ系。
煽てられると調子に乗る。

いつも、ありがとう。

折角ブログを覗きに来てくれる人が居るのに、
サボり癖のついている最近のワタシ。
だけど、結局戻ってくる。
どんなに長くサボっていても
その内にきっと必ず書きたくなるから。

ブログってそんなものなのかも知れない。
もう書き始めて何年になるんだろうか?

ブログと共に、
ワタシも歳をとり。
成長し。(?)
他の人のブログとつながる。

あ、あのヒト、どうしてるかな?
なんて、ワタシも覗きにいく。
毎日頑張って書いているヒト、
ぼちぼち頑張っているヒト、
さまざまだけど、
ああ、頑張っているんだな、って分かるだけで、
一日の終わりに、ワタシに元気をくれる。
ホントにありがとう。
そして、来てくれたヒト、ありがとう。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 病気ブログ てんかんへ
Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
ワタシの休憩場所。
Mail form

Name:
Mail address:
Subject:
Body:

Free area
Calendar
07 | 2012/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Link

このブログをリンクに追加する

Search form
Friend request form

Want to be friends with this user.