なんで日本だけが。。。

海外に在住していると、そう思う事は多々ある。
日本での銀行の口座が開けなくなる。
同じ系列の銀行が日本にあっても、何故か預金を移動する事が出来ない。
国際的に使えるはずの携帯電話を日本に持ってきても
日本でだけは使えない。。。
などなど。

日本は便利さよりも安全さを重視する国。
ビザとパスポートさえあれば、
誰でもサイン一つで銀行口座を開ける、
オンライン口座ならサインなしで開ける、
そんな国が多い中で、
何をするにも印鑑、住民票、印鑑証明などなど必要になり、
銀行で30分以上待った上に、必要書類が不足との理由で何もせずに帰ってくる事もしばしば。

日本に1ヶ月だけ帰国するのに、プリペイド携帯を買ったり、借りたりしなければならない。
インターネット喫茶を探すのも一苦労。
そして、またそれが高い。

日本では殆ど英語が使えない。
そんな事は別に構わないし、
ある意味、自国の色がはっきりしていていいと思う。
でも、帰国して気がつく事は、
駅に行っても、銀行に行っても、役所に行っても、
やたらに難しい専門用語を使う。
海外にいると、そういう難しい日本語は一切使う機会が無い。
だから、帰国一週間目位は久しぶりの専門用語に戸惑う事になる。

日本は将来変わるのだろうか?
鎖国、という言葉が頭を行き来する。
グローバルなんていう言葉が流行った時期もあったけど、
日本には日本だけでしか通用しない物や事が多い。
リスクを避けていては、ベネフィットは限られてしまう。
経済が回復する事などまずありえないだろう。
日本は何でも高いし、日本在住の日本人にとって以外は
不便極まりない国。

安全を保つ為には仕方ない事なのだろうか?

残暑です。お体お大事に。

厳しい残暑がしばらく続いているメルボルン。
夏も後少しで終わり。
はぁ、また手指と手首の痛みが戻ってきた。
しんどい。

胸の痛みも最近しょっちゅう襲って来るし、
痛みが強くなってきてる感じ。
呼吸しづらくて息が苦しくなる事も多い。
お医者さんは単なる胸焼けでしょう、というけど。。。

夫の叔母さんが心臓切開手術の為にメルボルンに来た。
経過は良好でホント一安心。
看護婦をしている彼女は人一倍健康に注意していた。
その彼女が。。。
でも、心臓発作を起こす前に問題が見つかったから良かった。

その彼女、問題が見つかる前の症状は
胸が痛い。
呼吸が浅く、早い。
との事。発作みたいなものは無かったそうなのだ。

ワタシは何も言わなかったけど、
「運動負荷テスト」というのはしておいた方がいい、
と言っていた。
普通の診断では問題が見つからないから安心、という事ではないらしい。
人間の身体っていうのはもっと複雑で、デリケートなもの。

ちょっと前だけど、
久しぶりに温水エクササイズプールではなくて、
普通のプールで泳いで見ることにした。
「このレーンは浅いです。」というサインに騙されて、
泳いでいったら、なんと終わりのほうでいきなり深くなっていて、
背の低いワタシは足がつかず、パニックに。
何と、プールで溺れる寸前の状態になってしまった。お恥ずかしい。
もう、息は吸い込めないし、水は沢山飲んじゃうし、
なのに、誰も助けてくれない。。。監視している人いるのに。
ひどい。。。

仕方ない、と思って
勇気出して振り出しに向かって泳ぎだしたんだけど、
息が浅くて、酸素が足りない感じ。
ホント、死ぬかと思った。大袈裟だけど。
そう、最近酸素が足りない感じになる事多いんだよね。
ワタシ、しょっちゅうお医者に行って、
検査受けて、
結局、お金と時間が掛かる上に問題がはっきりしないから
「まぁ、大したことは無いでしょう。」
と言われると、あ。そう。
てな感じでよろこんで帰ってきてしまう。

でも、症状は消えず、更に酷くなってくる感じ。
トシなんかな。。。
とも思うんだけど。。。
また
「心配しすぎですよ。」
なんて言われるのがオチかも知れないけど
「運動負荷テスト」、
夫と一緒にやっておこうかな。
他の症状と原因が繋がってるかも知れないし。

日本で使える携帯探し。

を、最近してました。
というのは、
11月にまた日本に一時帰国するため。

前回の滞在で携帯電話が無くて非常に苦労したワタシ。
それでも、キーボードの無いスマートフォンが大嫌いだったワタシは
手始めに国際的に使えるというMotorola Droid 3をオーダーした。

それが。。。
届いた初日から勝手にリスタートを繰り返す始末。
それを除けば最高で、返品するのすごく迷ったんだけど、
しばらくしたらこれが頭痛の種になりそうな気がしたため、
泣く泣く返品。
どうやら、市場に「新品」として出回っているのは
不良品として返品されたものを修理?したものらしい。
リサーチをしたら、同じ問題で困っている人が続出。
仕方なく購入は諦めた。

その後、キーボードつきの携帯が諦められず、
Sony EricssonのXperia mini pro ST17i をオーダー。
しかし、日本での電波が弱いという話と、
壊れた時の保証は出来ない、発売中止で部品交換も出来ない、
という話を業者から聞いて、これもキャンセル。

それで、ワタシも終に観念して、
初のスマートフォンを購入する事にした。
色々迷ったものの、
歴代のSony Ericsson社製の携帯との相性が良かったワタシは
今回もSony Ericsson(現ソニー)を選ぶ事にした。

やっぱり気になるのは電波の受信レベル。
それで最初はUTMA/HSDPA 1700をカバーしているものを探した。
結構値引きされて販売されているものの、
信用度の高いショップでは既に売り切れている。

でもSonyになってからの機種は殆ど日本で使用可という事で、
出来るだけ3Gのカバー範囲の広い機種を探した。
ホントはXperia ion HSPAが欲しかったんだけど、
通常サイズのSIMカードが使えない。
電池の交換も出来ない。

ところで今ワタシが持っているのは
SEのCedarという機種。
2010年に出た、非常にベーシックな機種。
スマートフォンじゃないし、機能も少ない。
ビデオも写真の質もかなり情けないモノ。
インターネットの画像など兎に角見にくくて使い物にならない。
そんなCedarなんだけど、
携帯機能そのものは突出している。

オーストラリアでは田舎の山の上でも使える程頼れるし
タッチパネルの携帯を持っている人口が殆どのこの国なのに、
Cedarを使っている人が社内にも4人いる。
この間見てた「REAL HUMANS」の中でも出てきた。
トラムの中でも向かいの人が使っていたりする。
やっぱり使いやすくて頼れる機種っていうのはいいよね。
しかも、日本語対応ではないものの
日本でも都市部だったら使えるらしいから、
夫と来た時に夫に貸せる。

つまり、ワタシの新しい携帯が壊れたときのスペアとしても
夫が日本に来た時の一時携帯としてもまだまだ活躍できるのだ。
頻繁に携帯を落とすワタシだけど、
故障した事は一度も無い。
だから根強いファンが多いんだろうなぁ。

そこで、新しい携帯の話に戻ると、
「通常サイズSIM」に適応し、
「マイクロSDカードスロット」のある型という
ワタシの必要最低条件を満たし、
しかも何とか手の出る価格帯(37500円程度)の
エクスペリア ACRO S (LT26w)を購入する事にした。

日本でも逆輸入版が既に出ているということだし、
主要都市部なら恐らく普通に使えるのかな?
と期待しているんだけど、どうなのか。。。
まぁ、長期滞在ではないから
電話機能と、出来ればインターネットも使いたいのだけれど。。。
気になる気になる。。。
何とか使えますように。。。

来週はセールです。

ウチのショップでは来週の月曜日がセールディ。
もうめっちゃくちゃ忙しくなる。
忙しいと、一日が経つのが早く感じる。

ウチの店超デカいし、
最近は日本人のお客様も結構来るし、
こんなブログ書いてたら、バレちゃうかな。
とか思うけど、
知るかそんなの!

仕事さえ出来りゃてんかんかどうかなんて問題じゃないだろ!
ってな開き直りでやっているワタシですが。。。

ね、皆さん充分オープンですよねぇ。
そうそう、人間、要は慣れですよ。
てんかん人相手でも相手の人間性さえ分かれば
その内に慣れて適応性とか免疫が出てくるもんです。
少なくともワタシの上司たちは全く気にしてません、
ってか、忘れてたりして。。。

大丈夫、アナタの前で発作を起こすことはありません。
ちゃんと調子悪い時にはサボってますから、適当に。
でも。
「あのヒト、サボってるよ。」
などと報告しないでね。

ウチの店は一応慈善ビジネスだから
差別は基本的にしないのが原則。
その代わりワタシもプロ意識を持って
お客様のお手伝いを精一杯させていただく所存です。。。

メルボルン在住のヒトにはバレたかな。
大きなココロでショッピング楽しんでくださいね^^


なんて書いちゃったけど内心ちょっとドキドキ。
記事消すかもしれないのでヨロシク。。。
Profile
齢45になるベテランてんかん患者です。 お仕事はきちんとしながら オフはだらだらと生活してます。 仕事仲間には私が怠け者とはバレてません。 てんかん、っていう以外はまあ、普通。 つまんない冗談とかよく言ってます。

←お気に入りに追加♪


Author:ふぅみん:D
16歳の時にてんかん発病。
闘病歴24年。(な、長い!)
7年前、オーストラリアのメルボルンでソウルメイトと出会い、8ヶ月後に結婚。

性格:真面目な変人。オープンな性格。時々情緒不安定。
タイプ:エロオヤジ系。
煽てられると調子に乗る。

いつも、ありがとう。

折角ブログを覗きに来てくれる人が居るのに、
サボり癖のついている最近のワタシ。
だけど、結局戻ってくる。
どんなに長くサボっていても
その内にきっと必ず書きたくなるから。

ブログってそんなものなのかも知れない。
もう書き始めて何年になるんだろうか?

ブログと共に、
ワタシも歳をとり。
成長し。(?)
他の人のブログとつながる。

あ、あのヒト、どうしてるかな?
なんて、ワタシも覗きにいく。
毎日頑張って書いているヒト、
ぼちぼち頑張っているヒト、
さまざまだけど、
ああ、頑張っているんだな、って分かるだけで、
一日の終わりに、ワタシに元気をくれる。
ホントにありがとう。
そして、来てくれたヒト、ありがとう。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 病気ブログ てんかんへ
Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
ワタシの休憩場所。
Mail form

Name:
Mail address:
Subject:
Body:

Free area
Calendar
01 | 2013/02 | 03
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
Link

このブログをリンクに追加する

Search form
Friend request form

Want to be friends with this user.