怖くて悲しい映画の名作。

今日は珍しく計画通りの一日。

昨日ダウンロードした
ウィル・スミスの『アイアムレジェンド』を
見る、というのもその一つ。

2009年の秋、ガンを完全治癒するために、はしかのウイルスが新薬を作るために使われた。出来上がった新薬は100パーセントの治癒率を誇っていたのだが。。。
その新薬が、原料に使われたウイルスの突然変異で、全世界人口の90%を殺してしまう。

3年後。免疫を持つ世界でも数少ない人間で、ウイルス学者でもあるロバート・ネヴィール(ウィル・スミス)は、ニューヨークで唯一感染を免れた。救助中の事故で妻子を失い、愛犬のサマンサと暮らしている。
暗くなると、化け物に変異してしまったニューヨーク市民の生き残りが食物(免疫を持つ人間)を求めて外に出てくる為、家のシャッターを全て閉めてサマンサと縮こまって眠る毎日。

ロバートは自然の免疫があるけれど、犬は空気感染への免疫しかなく、ロバートの血を注射する事で万が一の伝染を避けていた。

ウィル・スミスの映画はかなり見たけれど、これが一番いいと思う。
たった一人でいる寂しさから、よく通う貸しビデオの店にマネキンをレイアウトして、マネキンと話すシーンは滑稽なのに、同時に悲しくもあるのね。
一人で生きていく位なら死んだほうがまし。
でも、主人公のロバートは、その完全治癒法を見つける為に生きる事を選んだ。

実験を繰り返す主人公が、動物実験で1匹のマウスに効果の出たワクチンを人間に試すために「ダークシーカー(感染した人間の生き残りで、人でありながら人でない。紫外線に抵抗力がないので昼間はシェルター=建物の中に隠れている)」シェルターに向かう。
女性の実験材料を手に入れた彼だったが、早速試したワクチンはを効果を見せなかった。

翌日、ダークシーカーの仕掛けた罠にかかったロバートは、犬のサマンサ共にダークシーカーの放った犬に追われる。逃げるロバートだが、サマンサが感染した犬に咬まれてしまう。
ロバートの注射の効果もなくサマンサは感染の症状を示し、ロバートが泣きながら首を絞めて殺すシーンには、映画を最初に見た時も泣いたけど、また泣いちゃった。

一人ぼっちで生きるのは辛いけど、
感染して、死ぬならともかく、
生き残って人間性をまったく失い、
人を食べて生き延びていくなんて事になったら。。。

話は逸れるけど、幹細胞による病気の治療というのがある。

オーストラリアではクリニックは無いようだけど
海外では幹細胞治療をやっている病院やクリニックもあって
藁にもすがる思いで高い治療費と旅費を払って
海外に行く難病の人は後をたたない。

結果は?
殆ど効果なし。
あるドキュメンタリーの中で、目の見えない子供を持つ両親が
インターネットを通じて知ったクリニックで子供に治療を受けさせる。
帰国後、両親は子供が目が見えるようになったと言い切る。
奇跡が起こったと信じている。
実際には子供は盲目のままなのは誰が見ても明らかなのに。

幹細胞治療は現実には危険も多く、死者も少数ながら出ているという。
コワイ話だよね。

この映画でもそうだけど、
『ガンが治ります』(しかも100パーセントの確立で)
と言われたら、ガン患者はそれに飛びつくよね。
副作用の強い抗がん剤を使う必要もなし。
しかも完全に治癒できるって言われたら信じるよね。

幹細胞治療の研究がメディアに紹介され始めた頃、
ワタシも希望の日差しが見えたような気がしたもん。
完全に治癒出来るなら、多少のリスクがあったって飛びつくと思う。

そんな思いから
感染して、人間でありながら人間でなくなってしまった化け物の方にも同情してしまったワタシでした。
映画だけの話でよかった。

Post a comment

Only the blog author may view the comment.

Profile
齢45になるベテランてんかん患者です。 お仕事はきちんとしながら オフはだらだらと生活してます。 仕事仲間には私が怠け者とはバレてません。 てんかん、っていう以外はまあ、普通。 つまんない冗談とかよく言ってます。

←お気に入りに追加♪


ふぅみん:D

Author:ふぅみん:D
16歳の時にてんかん発病。
闘病歴24年。(な、長い!)
7年前、オーストラリアのメルボルンでソウルメイトと出会い、8ヶ月後に結婚。

性格:真面目な変人。オープンな性格。時々情緒不安定。
タイプ:エロオヤジ系。
煽てられると調子に乗る。

いつも、ありがとう。

折角ブログを覗きに来てくれる人が居るのに、
サボり癖のついている最近のワタシ。
だけど、結局戻ってくる。
どんなに長くサボっていても
その内にきっと必ず書きたくなるから。

ブログってそんなものなのかも知れない。
もう書き始めて何年になるんだろうか?

ブログと共に、
ワタシも歳をとり。
成長し。(?)
他の人のブログとつながる。

あ、あのヒト、どうしてるかな?
なんて、ワタシも覗きにいく。
毎日頑張って書いているヒト、
ぼちぼち頑張っているヒト、
さまざまだけど、
ああ、頑張っているんだな、って分かるだけで、
一日の終わりに、ワタシに元気をくれる。
ホントにありがとう。
そして、来てくれたヒト、ありがとう。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 病気ブログ てんかんへ
Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
ワタシの休憩場所。
Mail form

Name:
Mail address:
Subject:
Body:

Free area
Calendar
10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Link

このブログをリンクに追加する

Search form
Friend request form

Want to be friends with this user.