旦那の日本初体験。

覚悟はしていたが、大変だった。

話し好きの旦那が、話す相手がいない。

しかも、初めての日本で妻の実家に滞在。



母の方は、いい人だけど、やんちゃで調子のいい所のあるウチの旦那に戸惑うし、

旦那の方はと言えば、よく言えば真面目、悪く言えば生真面目の母に四苦八苦。。。その上、言葉がまるで通じない。



ストレス溜まりまくりの旦那を、外に連れ出す事にした私だが、日本では歩く事が多いので

歩き慣れていない旦那にはブートキャンプの様な毎日。



二週目は小田原、箱根に連れて行った。



まず、裏通りにある小さな店で、蒲鉾を買う。そこの蒲鉾は兎に角絶品で、以前にも来た事がある。

しかし、なんせ裏通りの超小さな店だからね。恐らく近所の人以外は知らないと思う。何で名前メモっとかなかったんだろう。

青物町通りか国際通りにあった気がする。

f:id:intuition358:20100404144145j:image:left

f:id:intuition358:20100404144146j:image:left


少し小田原駅からは歩くが、国際通りという商店街がある。

通りの酒屋さんに入ると、客は私達だけ。

日本酒と焼酎のミニボトルを手に

父の誕生日プレゼントに買っちゃおうかなぁ、と旦那に言っている私に


酒屋の奥さん、

”それ、サンプルだから持っていっていいわよ。”

ちょ、ちょっと。いいの?

”ついでにコーヒー牛乳もあげるから。”

結局、貰うだけ貰って、お金は請求されなかった。。。

これって、もしかして旦那のお陰?



小田原では、楽しい初体験が沢山あった。

奥さんがスペイン人、という人と立ち話したり、飲み屋で隣の人にビールと牛タンを奢ってもらったり。

吉野家で牛丼も食った。



吉野家には昔よく一人で行ったが、20代の女の子が普通行く所ではない。オーストラリア人も滅多に行かないだろう。

周りの目はお構いなしに、もくもくと食べる私達。



その後、箱根へ向かう。

箱根登山鉄道、ロープウェー、海賊船を満喫し、上機嫌のブルーゾー君とスティー君。

f:id:intuition358:20090327185355j:image


芦ノ湖が、

山の上から見たほうが綺麗だろう、と思った私。

旦那を連れて、細い山道を登っていった。

が、途中からは個人の所有地で、立ち入り禁止のサインが。

残念だね、と言っていると、土地の所有者らしいお爺さんが家の外に居た。

人の良さそうなお爺さん、私達がオーストラリアから来たと知って、

荷物預かっててあげるから、行ってきていいよ。と道に通してくれた。

f:id:intuition358:20090329134530j:image

f:id:intuition358:20090329134431j:image

やっぱり、山の上からの眺めは最高です。

他に誰もいない、贅沢な時間をくれたお爺さんに本当に感謝。




:朝比奈の切通し:

何処か、特別な場所に連れて行きたいな、と思っていた私。

父とも母とも、一人でも行ったことのある

朝比奈の切通しに旦那を連れて行った。



静寂、風の音、そして、開きかけた桜。

天気のいい日だった。

時折、散歩に来ている人達とこんにちは。

と声を掛け合いながら、上に登って行く。

道に、優しい光が差し込んでいる。



整備されていない自然の道。

峠を、真っ直ぐ歩いていくと、鎌倉へ通じている。

鎌倉に入る前に、私が必ず行く場所が熊野神社。横浜市と鎌倉市の境に位置する。



そこに着くと、珍しく先客がいた。

地元の中年の夫婦。仲良くピクニック、というところか。



旦那も覚えたての日本語で、こんにちは。

へぇ、お友達、どこから来たの? と聞くおじさんに、

ウチの旦那です、と紹介。



神社境内には、銀杏の木があって、秋には沢山実が落ちる。

子供の頃からよくそこに来ていたおじさん、

銀杏の実を、神社の建物の下の隙間に隠して置いたんだそう。

かなりお茶目なおじさん。



そのおじさんお勧めの場所が、神社裏にひっそりとある水飲み場。

そこは山で自然にろ過された雨水が、山水となって湧いているのだ。

そこでたっぷり水を飲んでいく。

旦那、かなり感動。



この場所に来てタスマニアを思い出して、旦那はちょいホームシック。

燃えてしまう前のキングレイク国立公園のハイキングコースも思い出す。

f:id:intuition358:20100404122122j:image

これは、父と来た時の写真。



神社の裏から更に上に通じている道へと歩いていく私たちを

おじさんが指差して、奥さんに何か言いながら笑っているのが見えた。



ここは、私が特別な人とだけ行く、特別な場所。

観光地化していない所が、朝比奈峠の良さ。

そして、そんな所に自然に溶け込んでしまう所が

旦那の良さ。



f:id:intuition358:20100330150532j:image

実家近くの桜が咲き始めた頃。

f:id:intuition358:20100330153537j:image

横浜市のどこか。



桜がきれいだった。

f:id:intuition358:20090404131302j:image

Post a comment

Only the blog author may view the comment.

Profile
齢45になるベテランてんかん患者です。 お仕事はきちんとしながら オフはだらだらと生活してます。 仕事仲間には私が怠け者とはバレてません。 てんかん、っていう以外はまあ、普通。 つまんない冗談とかよく言ってます。

←お気に入りに追加♪


ふぅみん:D

Author:ふぅみん:D
16歳の時にてんかん発病。
闘病歴24年。(な、長い!)
7年前、オーストラリアのメルボルンでソウルメイトと出会い、8ヶ月後に結婚。

性格:真面目な変人。オープンな性格。時々情緒不安定。
タイプ:エロオヤジ系。
煽てられると調子に乗る。

いつも、ありがとう。

折角ブログを覗きに来てくれる人が居るのに、
サボり癖のついている最近のワタシ。
だけど、結局戻ってくる。
どんなに長くサボっていても
その内にきっと必ず書きたくなるから。

ブログってそんなものなのかも知れない。
もう書き始めて何年になるんだろうか?

ブログと共に、
ワタシも歳をとり。
成長し。(?)
他の人のブログとつながる。

あ、あのヒト、どうしてるかな?
なんて、ワタシも覗きにいく。
毎日頑張って書いているヒト、
ぼちぼち頑張っているヒト、
さまざまだけど、
ああ、頑張っているんだな、って分かるだけで、
一日の終わりに、ワタシに元気をくれる。
ホントにありがとう。
そして、来てくれたヒト、ありがとう。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 病気ブログ てんかんへ
Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
ワタシの休憩場所。
Mail form

Name:
Mail address:
Subject:
Body:

Free area
Calendar
08 | 2017/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Link

このブログをリンクに追加する

Search form
Friend request form

Want to be friends with this user.