ちょっとおススメのオリーブ石鹸。

いつもレセルオリーブ石鹸を買っている近所のスーパーで、前から気になっていたトルコ製オリーブ石鹸がある。名前はアンティークダランオリーブオイルソープ。

Antique Dalan Olive Oil SoapDalan antique olive


香料と塩酸が入っている事が気になって二の足を踏んでいたんだけど、手作りだし、髪も洗えるって書いてあったので一つだけ買ってみる事にしたのね。(それと、ワタシが買っているレセル石鹸が日本で買ったのよりやや刺激が強い気がしたから。)

夜早速使ってみたら、エッセンシャルオイルっぽい香りがするくらいで、香水の様な匂いは一切しない。泡立ちはレセル石鹸と比べてやや弱いかも。
日本で買ったレセル石鹸の使用感と記憶を辿って比較してみると、髪を洗うなら断然ダランの方がいい。汚れや余分な油をまるで包み込むように落としてしまい、洗っている最中あまり髪が絡まない。乾いた後はレセル石鹸で洗うとサラサラした感触だけど、こっちは柔らかくてしっとりする感じ。ワタシの様なくせ毛の持ち主には「髪が絡まない」というのがとても助かるのね。

身体洗い用としては、好みにもよるけど、垢や余分な油をすっきり落としたいならダランがおススメ。そんなにごしごし洗う必要もなし。
日本のようなお風呂が無いオーストラリアでは肌を洗う前にお風呂につかる、という習慣がない。毛穴が開かない内に身体を洗うから、マイルドなレセル石鹸だと洗っても洗っても垢が完全に落ちきらない感じがする。(汚れ自体は落ちているんだろうけど)
ただ、乾燥肌の人にはレセルの方がいい気がする。

さて、最後に洗顔用石鹸として比べてみよう。
まだはっきりとは言い切れないけれど、多分レセルに軍配をあげるかな。
理由は、香料。
違いはそんなに大きくはないけれど、超敏感肌のワタシの顔はちょっとした刺激にも弱いのね。洗った後やや肌が痒くなった。朝になったら赤みも消えてたし特に問題も無かったけれど、レセルの方が安心して洗顔に使えると思う。

ウチのダーリンはダランに軍配を上げた。
値段はグラム換算でいくと両方同じ価格。普通肌の人なら洗顔にも充分に使えるはず。

日本のGoogleの検索に上がってこないのが不思議な位お手頃でGOOD。
ワタシは洗顔用レセル石鹸と浴用ダラン石鹸と分けて使うつもり。

Post a comment

Only the blog author may view the comment.

Profile
齢45になるベテランてんかん患者です。 お仕事はきちんとしながら オフはだらだらと生活してます。 仕事仲間には私が怠け者とはバレてません。 てんかん、っていう以外はまあ、普通。 つまんない冗談とかよく言ってます。

←お気に入りに追加♪


ふぅみん:D

Author:ふぅみん:D
16歳の時にてんかん発病。
闘病歴24年。(な、長い!)
7年前、オーストラリアのメルボルンでソウルメイトと出会い、8ヶ月後に結婚。

性格:真面目な変人。オープンな性格。時々情緒不安定。
タイプ:エロオヤジ系。
煽てられると調子に乗る。

いつも、ありがとう。

折角ブログを覗きに来てくれる人が居るのに、
サボり癖のついている最近のワタシ。
だけど、結局戻ってくる。
どんなに長くサボっていても
その内にきっと必ず書きたくなるから。

ブログってそんなものなのかも知れない。
もう書き始めて何年になるんだろうか?

ブログと共に、
ワタシも歳をとり。
成長し。(?)
他の人のブログとつながる。

あ、あのヒト、どうしてるかな?
なんて、ワタシも覗きにいく。
毎日頑張って書いているヒト、
ぼちぼち頑張っているヒト、
さまざまだけど、
ああ、頑張っているんだな、って分かるだけで、
一日の終わりに、ワタシに元気をくれる。
ホントにありがとう。
そして、来てくれたヒト、ありがとう。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 病気ブログ てんかんへ
Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
ワタシの休憩場所。
Mail form

Name:
Mail address:
Subject:
Body:

Free area
Calendar
10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Link

このブログをリンクに追加する

Search form
Friend request form

Want to be friends with this user.