言葉と人間関係についてたまに感じる事。

オーストラリアに住んでいる人なら「Chip on the shoulder」という表現を聞いたことがあるだろう。
例えば、He has a massive chip on his shoulder.とか。

昔、いやな経験(例えばいじめや離婚)とかあったりして、それを根に持っているというような意味に使われているようだ。

日本人もそうだけれど、ことわざや言い回しは使い方から覚える事が殆んどだから、確定的な訳はなかなか思いつかない。言い回しによっては、意味を説明してくれと聞くと、「うーん。」と考え込まれる事もある。

それでも、オージー独特の環境にいると、特有の表現を使う事で「helps me break the ice with people.」少しでも周囲との壁を取り除く(よそよそしさをなくす)事が出来る。

意味を間違えちゃったら、他の言い方で言い直せばいい。(You can always rephrase the sentence and explain it in some other way.)言葉を言い換えて、別の形で説明する事はいつでもできるし。
で、相手も「oh, I see...you meant,」わかった、こう言いたかったんでしょ。なんて言って、正確な表現を教えてくれる事も多い。

Chip on the shoulder なんかは特に、人によって説明する意味が違う。
他に例を挙げると、1.態度がでかくて文句ばっかり言っている。2.争う事が好き。3.態度に問題がある。4.自分は何でも人より出来ると思っている。などと解釈が違うのだ。

そこで「一体どっちなんやぁ!」と言ったらそれこそ問題。
みんな自分が一番正しいと思っている(事が多い)から。
考えて見れば、いずれの態度にも必ず理由が伴うはず。
何らかの出来事が原因で上記4つの問題的態度につながったはずである。

例えばワタシを含むてんかん患者の多くが、社会に対して多少にがにがしさを持っている(many of us epileptics have a tiny chip on our shoulder.)。

それには理由があるはず。その理由とか、自分自身の思いや体験とか、社会とどう付き合うかとかを率直に話しあっているうちに人種の壁は簡単に崩れる。(In that way it’s easy to break the ice between different races.)

オーストラリアでは完璧な人よりも、ある程度欠陥のある人の方が好かれる。
働きすぎたり完璧すぎたりすると反感を持たれる。
その反面、ちょっとした間違いにはとても寛容な国なのだ。

正しく話す事に越した事はないんだけれど、正確に必要最低限の事しか話さない人よりも、言葉を間違えても周りと完全に溶け込もうと努力する人を認める人が多いのだと思う。

そして、少しずつ言葉を、相手を理解していくんだと思う。

Post a comment

Only the blog author may view the comment.

友達

こんにちは
”言葉を間違えても周りと完全に溶け込もう”
まさにそうだと思います。何でも思った事を
話したほうが、仲間になりやすいですね。

Re: 友達

どうも有難うございます。
思った事言って、一時険悪になる事もあるんですがv-12
一旦それを乗り越えちゃうと更に親しみが増すんですよね。
それを最近特に感じます。
Profile
齢45になるベテランてんかん患者です。 お仕事はきちんとしながら オフはだらだらと生活してます。 仕事仲間には私が怠け者とはバレてません。 てんかん、っていう以外はまあ、普通。 つまんない冗談とかよく言ってます。

←お気に入りに追加♪


ふぅみん:D

Author:ふぅみん:D
16歳の時にてんかん発病。
闘病歴24年。(な、長い!)
7年前、オーストラリアのメルボルンでソウルメイトと出会い、8ヶ月後に結婚。

性格:真面目な変人。オープンな性格。時々情緒不安定。
タイプ:エロオヤジ系。
煽てられると調子に乗る。

いつも、ありがとう。

折角ブログを覗きに来てくれる人が居るのに、
サボり癖のついている最近のワタシ。
だけど、結局戻ってくる。
どんなに長くサボっていても
その内にきっと必ず書きたくなるから。

ブログってそんなものなのかも知れない。
もう書き始めて何年になるんだろうか?

ブログと共に、
ワタシも歳をとり。
成長し。(?)
他の人のブログとつながる。

あ、あのヒト、どうしてるかな?
なんて、ワタシも覗きにいく。
毎日頑張って書いているヒト、
ぼちぼち頑張っているヒト、
さまざまだけど、
ああ、頑張っているんだな、って分かるだけで、
一日の終わりに、ワタシに元気をくれる。
ホントにありがとう。
そして、来てくれたヒト、ありがとう。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 病気ブログ てんかんへ
Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
ワタシの休憩場所。
Mail form

Name:
Mail address:
Subject:
Body:

Free area
Calendar
06 | 2017/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Link

このブログをリンクに追加する

Search form
Friend request form

Want to be friends with this user.