日本の文学。

日本の作家といえば、オーストラリアで人気なのが、三島由紀夫、吉本ばなな、村上春樹。


でも私は、宮尾登美子さんとか、石川達三(古い)とかも好きだな。かなり人間描写が鋭い。。。でも、日本語の美しさも保たれている。と思う。


宮尾登美子さんの本は、短編も結構好きだ。キレがある。

文章が短いから、より瞬間の鋭さ、みたいな物が出る気がする。

余韻があるんだよねぇ。

宮尾さんが好きな人には『菊まがき(雛に似た字)』もお勧め。


もし、京都弁が使われていなかったら、恐らく外国人にも受けると思う。けど。

オーストラリア文学と同じで翻訳されたら、あの人の味が少し消えてしまうんだろうな。

複雑。


そう言えば、日本にいた頃、『鬼平犯科帳』が大好きで、それこそ毎回見ていたけど。

旦那とか友達に見せても、やっぱりどんなに説明しても良さを解って貰えないんだよね。

エンディングだけは日本好きの人なら気に入ってくれると思うけど。

義理人情。って理解が難しいのかな。

鬼の平蔵は、仏の平蔵でもある。

吉衛門さんはまさに平蔵だったなぁ。

余りに頭の中で、「吉衛門さん=鬼平」のイメージが出来上がってしまっていて、

鬼平さん、あっ違った。吉衛門さんが違う役をやっても多分余り興味ないと思う。


そうそう、今はYouTubeで鬼平犯科帳をダウンロード出来るんだよね。嬉しくなって夜通しで見てしまった。

そのお陰でその月はメモリーリミットを一日で使い切ってしまった。。。


便利な時代になったものだなぁ。っていうか厄介な時代でもあるのかなぁ。

Post a comment

Only the blog author may view the comment.

Profile
齢45になるベテランてんかん患者です。 お仕事はきちんとしながら オフはだらだらと生活してます。 仕事仲間には私が怠け者とはバレてません。 てんかん、っていう以外はまあ、普通。 つまんない冗談とかよく言ってます。

←お気に入りに追加♪


ふぅみん:D

Author:ふぅみん:D
16歳の時にてんかん発病。
闘病歴24年。(な、長い!)
7年前、オーストラリアのメルボルンでソウルメイトと出会い、8ヶ月後に結婚。

性格:真面目な変人。オープンな性格。時々情緒不安定。
タイプ:エロオヤジ系。
煽てられると調子に乗る。

いつも、ありがとう。

折角ブログを覗きに来てくれる人が居るのに、
サボり癖のついている最近のワタシ。
だけど、結局戻ってくる。
どんなに長くサボっていても
その内にきっと必ず書きたくなるから。

ブログってそんなものなのかも知れない。
もう書き始めて何年になるんだろうか?

ブログと共に、
ワタシも歳をとり。
成長し。(?)
他の人のブログとつながる。

あ、あのヒト、どうしてるかな?
なんて、ワタシも覗きにいく。
毎日頑張って書いているヒト、
ぼちぼち頑張っているヒト、
さまざまだけど、
ああ、頑張っているんだな、って分かるだけで、
一日の終わりに、ワタシに元気をくれる。
ホントにありがとう。
そして、来てくれたヒト、ありがとう。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 病気ブログ てんかんへ
Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
ワタシの休憩場所。
Mail form

Name:
Mail address:
Subject:
Body:

Free area
Calendar
08 | 2017/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Link

このブログをリンクに追加する

Search form
Friend request form

Want to be friends with this user.